So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

謎のとけない舟形構造の通り・・・鹿沼市 [地図]

先日、久しぶりに鹿沼市の市街地を歩いて来ました。
今回は「歴史と文化を歩く会-栃木-」の19名のメンバーと一緒に、鹿沼市の観光ボランティアガイドさんの案内で、鹿沼市の旧市街地、日光道中壬生通り(旧日光例幣使道)の鹿沼宿を巡り、昨年(2016年)11月30日ユネスコ無形文化遺産に登録となった「鹿沼今宮神社祭の屋台行事」の見事な彫刻が施された屋台と歴史ある社寺等の説明を受けて来ました。
東武新鹿沼駅前で現地のガイドさん達と落ち合い、鹿沼の歴史と文化の旅が始まりました。
駅前から東へ伸びる道を歩く、150メートル程で南から北に鹿沼の市街地を縦貫する通りとの交差点の角に出ます。「新鹿沼駅前交差点」と信号機の上に表示されています。この交差点から北側方向は二股に道路が分かれる「五差路」となっています。北に向かって右方向の通りが「田町通り」、そして左方向が「内町通り」と云われたと、観光ガイドさんの説明が続きます。
分岐点.jpg
(駅前交差点角から北側を撮影。手前の通りが例幣使街道、向こう側が田町通り。)

今回の鹿沼宿を歩く企画に参加を決めた時、私の頭の中に昔から消えずに残っていた疑問がよみがえって来ました。そして今まさに観光ガイドさんがその事について説明をしています。私は聞き耳を立て、その言葉の一句一句を聞き漏らさぬよう耳を傾けますが、脇を走り抜ける自動車の音にかき消されて、断片的になっています。
鹿沼宿を縦貫する街道筋は、上記の通りこの地点で二筋に分かれ、次第に離れるものの、互いに北に進み、鹿沼宿の先で又合流しています。その街道筋が描く形が舟の形を呈している「舟形構造の通り」に成っています。
元々はこの鹿沼宿の通りは右側の「田町通り」の1本だけでその道幅も1間ほどの狭い通りだったと言われます。それが、元和二年(1616)徳川家康が死去して、その遺骨が久能山から日光山へ移される事に成り、時の代官「大河内金兵衛秀綱」が、「田町通り」の西側、お城の近い側に幅12間の道路を開鑿したのが、現在の「舟形構造の通り」となった由来の様です。
1980年10月10日、「(株)そしえて」より発行された「地図の風景、関東編Ⅱ、埼玉・栃木・群馬」と題する本の中に、まさにこのテーマを記した記事が載っています。今回のタイトルに書いた「謎のとけない舟形構造の通り」は、その記事のタイトルに有った言葉を使わせて頂きました。
残念ながら街を歩くだけでは、この二筋の通りが「舟形構造」に成っている状況を知る事は難しいですが、国土地理院発行の2万5千分1の「鹿沼」の地形図を確認すると一目瞭然です。丁度今年の4月1日に最新の「鹿沼」の地形図が発行されたばかりですが、そこには「舟形構造の通り」をハッキリと確認出来ます。
舟形構造の通り・鹿沼市.jpg
(鹿沼市街地の主要道路の様子、南北方向に二筋の通りが舟の形に成っています。)

本来は従来から有る「田町通り」を拡張する所なのでしょうが、急遽「徳川家康」の遺骨を日光へ移送する事と成った為、恐らく通り沿いの家屋を移すより、それまでの集落の裏手をバイパスさせる方が、早く街道を整備できるとの判断で、新たな12間幅の道路を通したものと思われます。
こうしたバイパス道は、交通渋滞が激しくなった通りではどこでも渋滞緩和策として行われています。しかしこの鹿沼市の様な綺麗な舟形の構造は、あまり見られません。私の住む栃木市内にも「栃木環状道路」・「富田バイパス道」・「藤岡バイパス道」など旧道の渋滞解消を目的に整備されていますが、どれも道路が複雑に曲りあって、この鹿沼市の様な構造には成っていません。

こうした道路が二股に分かれ、又合流する構造は幹線道路などで良く見かけます。それらは一般に元々有った旧道が曲がりくねって、その上道筋に家並みが密集している所で、その集落の始点と終点の二点間を直線的に結んだ、言わばショートカットされた新道との組み合わせです。こうした通りの構造を「舟形構造の通り」に対して私は「弓型構造の通り」に成っていると思っています。
栃木市内には、こうした「弓型構造の通り」はいたる所で見る事が出来ます。
例えば、県道2号線(宇都宮栃木線)にては、大宮町印役付近。そして県道3号線(宇都宮亀和田栃木線)の、都賀町家中下新田付近。これらは少し大きめの集落を通らずその脇を新しい道路が直線的に抜けています。
栃木市内では有りませんが、県道31号線(栃木小山線)での、小山市卒島や小山市立木の集落にも見られます。
大宮町印役付近.jpg
(栃木県道2号線、栃木市大宮町印役付近。南側の曲がりくねった道が旧道)

しかしここ鹿沼市に有る様なハッキリした「舟形構造の通り」はなかなかお目にかかれません。ところがその鹿沼市内で今又、新たにこの「舟形構造の通り」が出現して来ました。それは鹿沼市の東部を横断する県道4号線(宇都宮鹿沼線)、東部台地区の東町から菊沢地区の千渡の区間、現在の県道4号線の北側に滑らかな円弧を描く様に新しい道路が姿を現して来ています。
県道4号線鹿沼市千渡付近.jpg
(栃木県道4号線、鹿沼市千渡付近。北側の新しい道路で交通渋滞解消に。一部推定です。)

今も各地で道路工事が進められています。その中には以前から有る道路の拡張で有ったり、新たに計画された道路で有ったりと、その目的は色々です。地形図を見ているとそこに描かれている地形にまた新たな謎が生まれて来ます。


nice!(0)  コメント(0) 

巴波川沿いをほのかに照らす竹あかり [祭]

巴波川沿いの冬の風物詩「うずま冬ホタル」に替わって、昨年から行われている「うずま竹あかり」を見て来ました。
竹あかり1.jpg
(陽が西の空に傾く頃、竹あかりの光りが輝きを増してきます)
昨年は巴波川橋北東橋詰に有る、「蔵の街遊覧船待合処」の板塀沿いだけでしたが、今年は本数を108本に増やし設置場所も巴波川橋から上流に遡り、「幸来橋」、「倭橋」更にその上の「常盤橋」まで、巴波川の左岸沿いに設置されて、ほのかな光の列を作っています。
竹あかり2.jpg
昨年は「うずま川遊会」の船頭さん達により孟宗竹への細工をされていましたが、今年は本数を増やす為に県立栃木工業高校の生徒さん達も協力をしていると聞きました。確かに細工された竹筒燈籠のデザインを確認してみると、有りました栃工校の校章が細工された作品を。
竹あかり(栃工)1.jpg竹あかり(栃工)3.jpg竹あかり(栃工)2.jpg竹あかり(栃工)4.jpg竹あかり(栃工)5.jpg
(栃木工業高校の生徒さん達の作品)
栃工校は私の母校なので、後輩たちが色々な所で活躍をしているのを誇らしく思います。新大平下駅東口広場で行われているイルミネーションにも、栃工校生徒達の作品が花を添えています。
竹あかり3.jpg竹あかり4.jpg竹あかり5.jpg竹あかり6.jpg
巴波川の「うずま竹あかり」はイルミネーションの様な鮮やかさは有りませんが、やさしいオレンジ色の光りは蔵の街の風情にマッチしていると思っています。
竹あかり7.jpg
(屋形船にも明かりが燈され、色を添えています)
竹あかり8.jpg
(今年は横山郷土館前にも竹あかりが燈されています)

nice!(0)  コメント(0) 

巴波川の遊水池 [栃木市の河川と橋]

今日、久しぶりに巴波川の源流のひとつ、栃木市川原田町の「白地沼」まで歩いて遡って来ました。
「白地沼」はかって「標茅が原(しめじがはら)」という平安時代以来東国の歌枕として、都まで聞こえた名所に位置し、湧水がコンコンと湧いていましたが、現在は全く湧き出る水も無く涸れ沼と化しています。
現在の白地沼.jpg
(現在の白地沼、沼の東側に「標茅が原」の説明板が建てられています)
白地沼(1980年).jpg
(1980年8月に撮影した時の白地沼)
今回歩いて驚いたのですが、この「白地沼」から少し流れた場所に有った「二股沼」が大きく姿を変えようとしているのです。
元々「二股沼」は北側の「白地沼」から流れて来た水と、東側から流れて来た水が合流する場所となります。上記した通り現在「白地沼」は涸れ沼化して殆んど水の流れは見られませんので、この「二股沼」から流れ出ている水の殆んどは東側から流れ込んでいる水と言って良いと思います。
この東側から流れ込む水路の水を遡ると、思川の七ツ石西方に有る「桑原用水堰」から取水していると言う、「桑原用水」にたどり着きます。
この「二股沼」を遊水地とする「遊水地整備工事」が進められているのです。
巴波川第六遊水地造成中.jpg
(二股沼の北側から見た状況、整備工事の看板が立てられています)
桑原用水末流落ち口.jpg
(二股沼の東側から見た状況、桑原用水からの水が流入しています)
巴波川の上流域、栃木環状道路の北側、大町から川原田町に有っては、巴波川も細い灌漑用水路だった為、台風や豪雨時には氾濫する事が多かった様です。特に最近は流域近くに住宅が増え、市街化が進んで来た為、洪水が発生すると家屋への浸水被害も生じる様になっていていました。その為河川を管理する栃木県が「一級河川巴波川 河川改修事業」の一環として「遊水地」の整備を進めて来ている様です。
事業計画は一期区間と二期区間とに分かれて、一期区間は栃木市箱森町北東部から大町北部にかけての巴波川沿いで、既に完了をしていて、下流側から「第一遊水地」、「第二遊水地」、「第三遊水地」が出来ています。
巴波川第一遊水地.jpg
(第1遊水地、北側から撮影)
巴波川第二遊水地下.jpg
(第2遊水地下流側、周囲はフェンスによって囲まれています)
巴波川第二遊水地上.jpg
(第2遊水地上流側、こちらも周囲をフェンスで囲っています)
巴波川第三遊水地.jpg
(第3遊水地、左側の建物は「とちの木病院」、右側が巴波川の河道、中央に越流堤)
現在工事を行っているのは第二期区間、巴波川の最上流域で川原田町、市道114号線(吹上合戦場線)の巴波川に架かる「二股橋」の上流域で東側から流れてくる水路の南側部分が「第6遊水地」、水路の北側部分を「第5遊水地」とする区域の様です。
巴波川第五・第六遊水地造成中.jpg
(手前の橋が「二股橋」、第5・第6遊水地整備工事の真っ最中)
二股橋(2016年3月).jpg
(昨年3月に撮影した「二股橋」、北側に水田が見えます)
この他に「二股橋」の下流側、栃木市営川原田東団地の北北西の位置に、「第4遊水地」が計画されている様ですが、まだ工事は着工されていない様子です。
巴波川第四遊水地予定地.jpg
(第4遊水地の計画地と思われる地点)
これらの河川改修事業が流域の洪水対策となって、安心で安全な生活に寄与していく事になるのでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

マンホールカードの第6弾が出た [マンホールカード]

12月9日土曜日、マンホールカードの第6弾が配布開始となりました。
少し前の読売新聞栃木版にお隣の佐野市がマンホールカードの発行を計画していると言う記事が載っていたが、今回の第6弾には実現出来なかった様で、栃木県内では下野市の一枚だけと成っていました。
現在、マンホールカードの認知度が徐々に広がり、テレビや新聞で取り上げる機会が多くなって来ています。その為多くの自治体がマンホールカードの発行を希望して、順番待ちの様になっていると言う話も聞こえています。
私のマンホールカード収集の旅も隣接県を完了して、遠方の一枚のカードを収集する為に車を飛ばして一日掛かりで収集する状況に成っていたので、ここで又新たな収集が可能となりました。
さっそく埼玉県羽生市のマンホールカードを貰って来ました。
マンホールカード羽生市.jpg
(第6弾で発行された埼玉県羽生市のマンホールカード、表面と裏面)
第6弾のマンホールカードは12月9日土曜日からで、その中で市役所内の下水道課や流域下水道の施設が配布先として設定している所の多くは、平日しか窓口が開いていない為、休日の収集は観光施設や福利厚生施設の配布場所へ行くことになりますが、この9日・10日の2日間で羽生市へこのカードを貰いに来た人は約200名となっていました。(私が10日の終了間際に駆け込んでアンケートに記入した時の受付番号が199番と成っていたので。)
現在、足利市が配布している2種類のマンホールカードは、どちらも配布が終了となっています。2ヶ所とも配布場所が観光施設の為、収集する側としては非常に便利な条件だからでしょう。ただマンホールカードの良い所は、配布が終了しても又増刷をして配布を再開してくれるところです。なにも焦ることなく一枚一枚貰いに行けば必ず収集する事が出来ます。
マンホールカードの認知度が上がって、収集する人が増えて、無くなるケースも多くなるので、収集に出掛ける直前に配布の有無をインターネットで確認する事にしています。(今まで2回無駄足を踏んでいる経験より)
配布の窓口にては、大体アンケートへの協力をお願いされます。内容としては「どこから来られたか、市内か県内か、県外で有れば何県からか?」「年齢は?」「性別」そして「何で知ったか?」等が一般的ですが、場所によっては、「日帰りなのか宿泊なのか?」や「何枚収集していますか?」と言った設問も有ります。特に驚いたものでは、受け取ったマンホールカードをインターネットオークション等に出さないとの誓約を求める所も有りました。逆に何も無く簡単に「はいどうぞ」と渡してくれる所も有りますが、それも少し物足りなく感じるのは、はるばる遠方から貰いに来たのにという、収集家のエゴなのでしょうか。
ただマンホールカードを貰うという事でその場所を訪れ、そこで新しい情報を得る、周辺を見て歩く、新しい発見が有ります。それが一つのマンホールカード収集の楽しみ方のひとつだと思っています。
これからも、第7弾・第8弾と続々新しいマンホールカードが発行されて来るのを楽しみにしてます。
2017年12月11日時点収集.jpg
(2017年12月11日時点の収集済マンホールカード一覧)
nice!(0)  コメント(0) 

今日の一枚(栃木市大平町西山田のイルミネーション) [祭]

今日の一枚は、栃木市大平町西山田、太平連山の最高峰晃石山南麓の暗闇の中、色鮮やかな光を発している「栃木市おおひら歴史民俗資料館」前のイルミネーションです。
大平町西山田.jpg
前回は同じ大平町で行われている東武日光線新大平下駅東口前広場の「光と音のページェント」を見て来ました。こちらの西山田のイルミネーションは今回初めての訪問でしたが、期待以上に素晴らしい見ごたえの有るイルミネーションです。
今日は少し小雨が降っていましたが駐車場の車の中からでも見られるのも魅力です。
周辺に光が無く真っ暗闇の中というのも、イルミネーションを一層鮮やかに見せているのかも知れません。
nice!(0)  コメント(0) 

イルミネーションを見に、栃木・佐野・下野へ。 [祭]

例年、12月の声を聞くと、あちらこちらからと、イルミネーションの点灯式のニュースが伝えられてきます。先日もNHKテレビで下野市「グリムの森」のイルミネーションの様子が放映されていました。この「グリムの森イルミネーション」は今年で第9回を数えると言います。私も2年前に初めて見に行きました。今回は2度目です。
グリムの森3.jpgグリムの森1.jpg
テレビで紹介された直ぐ後のウィークエンドだった所為か、会場には沢山の人が見に来ていました。
グリムの森4.jpgグリムの森2.jpg
混雑している割には、駐車場の誘導も丁寧にされて、安心してゆっくりとイルミネーションで作られたグリム童話の世界を楽しむ事が出来ました。

佐野市のイルミネーション、今年は田沼の道の駅と、佐野駅前の2ヶ所を見て来ました。
「道の駅どまんなかたぬま」のイルミネーションは2013年に初めて見に行ってからは、毎年のように出かけています。駐車場の心配は全く無いですから。
どまんなか田沼2.jpg
どまんなか田沼1.jpg
佐野駅前広場のイルミネーションは今年初めて見に行きました。駐車場の心配が有りましたが、市役所の駐車場に停める事が出来ました。
佐野駅前広場2.jpg
佐野駅前広場1.jpg

栃木市は大平町の東武日光線新大平下駅東口前で、「光と音のページェント2017」として行われています。
大平町3.jpg大平町1.jpg大平町2.jpg
栃木工業高校の生徒達が製作したと言う、自転車のペダルを踏むとLEDにて描いたとち介が点灯するものや、ハンドルを回すとLEDのツリーが点滅するなどの、自分で動かして楽しめる体験型のイルミネーションも設置されています。
大平町4.jpg
寒さも忘れて楽しんできました。
nice!(0)  コメント(0) 

永野川に新しい橋が出来ました。「新千塚橋」 [栃木市の河川と橋]

今日、永野川に新しく架けられた「新千塚橋」を渡って来ました。
新千塚橋4.jpg新千塚橋5.jpg
(開通した「新千塚橋」)                      (「新千塚橋」のネームプレート)
「広報とちぎ」の12月号に、「新千塚橋の開通を祝うテープカット」の写真が掲載されているのを目にして、既に開通している事を知りました。
「新千塚橋」の架橋工事が進んでいる事はずいぶん前から確認をしていました。
P1210426.jpg
(2015年11月29日撮影、下部工事中も「新千塚橋」)
国道293号線が永野川を渡る場所に架かる「尻内橋」の下流側で、その下に架かる「千塚橋」とのほぼ中間点辺りに、この新しい橋は架けられています。
目的は永野川の右岸(西側)に、栃木市が新たに造成を進めている「千塚産業団地」へ、永野川の左岸を川とほぼ並行して走る県道33号線(栃木粕尾線・通称鍋山街道)から進入する為の、まさに玄関口となる橋です。
8月22日に進入路から確認した時、既に橋は欄干も付いて完成している様に見えましたが、まだ通行止めの柵が設けられていました。
新千塚橋2.jpg
(2017年8月22日撮影、まだ通行止めの柵が見える「新千塚橋」)
「広報とちぎ」の記事によると、「新千塚橋」の開通式は「千塚産業団地」の造成工事完成を祝って、10月14日に竣工式と合わせて行われたと、記されていました。
新千塚橋7.jpg
(「新千塚橋」の欄干、すっきりしたアルミ製か?、親柱は無し。)
親柱がない為「橋名」や「河川名」等の表示も有りません。最近は橋名プレートを埋め込んだり、ボルトで固定したものは直ぐに持ち去られてしまうので、表示しないのも仕方ないですが、何故か悲しいです。私としては石やコンクリート製の親柱を立てて、そこに「橋名」などを陰刻すれば取られずに済むと思っているのですが。これは橋好きの私の思いに過ぎませんが。

「新千塚橋」を渡ると、永野川の右岸には西側の山麓までの間、広い造成地が目に飛び込んできました。今はまだ建物は一つも建てられていませんが、数年後には多くの会社が進出して、この「新千塚橋」を多くの車両が行き来する事に成るのでしょう。
新千塚橋6.jpg
(「新千塚橋」の橋上から永野川上流方向を望むと、三峰山(鍋山)の姿が見えました。)
造成地の中に整備された道路を走っていると、広い造成地の中ほどに、大きな木が残って立っています。その木の下に白い石の鳥居が一つ見えます。以前からこの地に祀られていた神社が、移動される事無く「千塚産業団地」内に公園地として残された様です。
新千塚橋9.jpg
(造成地内に昔のまま残された神社)
鳥居に掲げられた石製の神額には「雷電神社」の文字が刻まれています。祠の横には青面金剛像を陽刻した石仏や「大塚邑」の地名の有る「庚申塔」などが祀られています。
新千塚橋10.jpg新千塚橋11.jpg
(雷電神社の神額)          (神社の祠の横に祀られている庚申塔)
この産業団地の建物はきっとこの雷電神社に守られ、雷の被害に遭う事は無いと信じます。
新しい橋が一つ架けられることにより、新しい風景がそこに造られていきます。
nice!(0)  コメント(0)