So-net無料ブログ作成
検索選択
ゆるキャラ ブログトップ
前の10件 | -

とち介、ゆるキャラグランプリ2016のネット投票も24日18時まで。 [ゆるキャラ]

昨年から投票期間が3ヶ月となって、投票者の本気度が一層試されるようになりました。
私も毎日毎日、せっせと自分の持っている3票を、今年も一日も欠かさず投票して来ました。それも明日から残り6日間に成りました。聞くところに依りますと、「とち介」の挑戦は今年が最後に成るといいます。その最後の戦い、最終的な結果を言うのは早計なことかもしれませんが、現在のランキング4位からの変動は無いと思われます。
昨日(10月17日)から、得票数と順位が非表示と成りました。この後の結果発表は、11月5日・6日の2日間四国愛媛県松山市でのイベント会場での決戦投票の結果を加味して、6日の表彰式にて発表となります。
「とち介」の現在までの得票数は、私が最後に確認した10月16日の24時時点の表示数は、1,798,435票です。投票開始の7月22日から87日間の累計得票数です。この間の1日の平均得票数は、20,672票という事に成ります。直近1週間だけの1日の平均得票数も調べてみると、殆んど同じ20,323票でした。
この数字から読み取ると、「とち介」の支援者は最初から最後の最後まで、諦める事も無く一人一人がシッカリ投票を続けて来ている事が分かります。
ただ、当初に「日本一」を目標としただけに、盛り上がりが今一つ足りなかった気がします。一部の支持者だけに留まり、広く栃木市民に投票の輪か広がらなかったのは残念です。
先を行く上位の「はにぽん」「チュッピー」「しんじょう君」は、圧倒的に強かったです。1位から3位までが「とち介」の投票数約180万票に対して、4倍を遥かに超える800万票と言う大量得票を集めました。
この上位の三つ巴の争いは恐らく最後まで続く事でしょう。ここまで来たらみんな頑張って貰いたいです。
「とち介」が市内の多くのイベントに現れると、その瞬間みんなが笑顔になる光景を、これまでも何度も目撃しています。これからも栃木市民の心を温かくして行って欲しいと願います。

今回のゆるキャラグランプリ2016の記念として私の手元に残った1枚の写真が有ります。投票開始当初に携帯の画面に表示された「とち介」1位の証です。僅か半日間ですが!
とち介1位.jpg

とち介、善戦するも目標の日本一は厳しい! [ゆるキャラ]

ゆるキャラグランプリ2016の投票期間も、終盤戦に突入しました。
とち介のランキングは、8月3日に3位から4位にダウンしてしまった後は、ズット4位をキープしています。
今週火曜日から金曜日の4日間の平均1日得票数は、30,873票でした。でも、先日の敬老の日を含む3連休は19,055票と言う、2万票を割り込む結果でした。
とち介の得票数のパターンを分析すると休日に弱い事が、以前より気になっていました。ですから直近一週間だけの1日当たりの平均得票数は、25,808票になってしまいます。
現在すぐ後ろの5位で追いかけて来ているゆるキャラは、徳島県の「ゆずがっぱ」になりますが、こちらの同期間の得票数は27,186票と、とち介の得票数より1,378票多くなっていますので、油断をしていると逆転される可能性が出て来ます。
とち介のこれまでの成績は、初戦となった2014年は全国第8位、そして昨年2015年は全国6位に順位を上げました。ですから私としては今年は何としても4位を死守したいと、個人的には考えています。
そんな事を言うと、全国一位を目標として戦っているのに弱気だと言われてしまうかも知れませんが。
ただ、現在先を走っている「はにぽん」「しんじょう君」「チュッピー」の上位3キャラさんは、現在累計得票数650万票と言う、とち介の120万票の遥か彼方で、三つ巴のトップ争いを繰り広げています。そして毎日の上乗せ票がとち介の10倍ともなる25万票と言うとんでもない得票数を重ねているだけに、これを逆転する事は今やほぼ不可能な状況になりました。

そんな中、最近、日々の得票数を観ていると、どうにも不思議な現象が現れて来ています。トップ争いをしている「はにぽん」と「チュッピー」の得票数が激変して来ています。どうなってしまったのでしょうか。トップ争いに疲れてしまったのでしょうか。これまでアクセルを最大に踏み込んで進んできたのに、突然急ブレーキを踏んだ感じです。それも「はにぽん」と「チュッピー」とがほぼ同時に起こっています。

今後の動向が気になります。投票も丁度残り1ヶ月となりました。とち介も最後まで油断は禁物です。私が持っているのはたった3票です。1票たりとも無駄にしないで、最後の日までシッカリ投票したいと思っています。
とち介1.jpg
(100%投票の約束)

とち介、ゆるキャラグランプリ2016投票開始後1ヶ月は第4位 [ゆるキャラ]

ゆるキャラグランプリ2016も、7月22日の投票開始から昨日で、丁度1ヶ月が経過いたしました。
私もささやかながら毎日3票を、欠かさず投票。毎日寝る前にランキングと得票数の推移を確認する事が日課になっています。
とち介1.jpgとち介2.jpgとち介3.jpg
(8月11日、「サマーフェスタinいわふね2016」の会場にて撮影)
現在とち介は、必死で4位をキープしている状況です。今回の目標は「日本一」を目指していますが、ここまではライバルの強さが目立っています。
初日の出だしに、携帯電話の画面で確認した時、「とち介、1位」の表示を眼にして、一瞬驚きましたが、初日の最終ランキングは2位からのスタートと有りました。初日の1位は埼玉県本庄市の「はにぽん」でした。
とち介はその後、8月1日に高知県須崎市の「しんじょう君」に2位の座を奪われて3位に後退。8月3日には岡山県総社市の「チュッピー」に抜かれて4位となり、それからは今日まで4位を維持してきています。
1位の「はにぽん」も8月7日に「しんじょう君」に抜かれました。8月9日に首位の座を奪還しましたが、2日後には再び「しんじょう君」にその座を奪われています。
投票開始後1ヶ月の8月21日のランキングは、1位「しんじょう君」、2位「はにぽん」、3位「チュッピー」、4位に我等の「とち介」、そして5位は島根県の「しまねっこ」となっています。
初日に6位と出遅れた「しんじょう君」ですが、その後日に日に得票数を増やして、一気に1位まで登って来ました。
ゆるキャラグランプリ2016、トップ5累計得票数推移グラフ.png
(ゆるキャラグランプリ2016のトップ5累計得票数の推移グラフ)
8月9日から8月15日の1週間と、8月15日から8月21日の1週間における、1日の平均上乗せ票数を調べると、以下のようになっています。
    <現状ランキング> <8月9日〜15日>   <8月15日〜21日>
  1位: しんじょう君     55,250票/日      64,222票/日
  2位: はにぽん       45,150票/日      61,593票/日
  3位: チュッピー      28,605票/日      50,137票/日
  4位: とち介         15,585票/日      18,072票/日
  5位: しまねっこ      11,806票/日       9,846票/日
この結果より今後を推測すると、順位が入れ替わる可能性はかなり低くなっていると考えざるを得ないですが、 昨年2015年の「出世大名家康くん」と「みきゃん」のトップ争いを思い起こしてみても、張り合うと予想以上の結果が現れる事を、誰もが知っています。
基本的に現在首位を争っている「ゆるキャラ」は、それぞれの地域・自治体の代表の様になっています。
現在、私も地元の「とち介」を応援していますが、「とち介」が生まれていない4年前までは、お隣の「さのまる」に投票していました。でも今は「とち介」です。
ですから、本当ならば出身自治体の人口が多い方が有利になる筈なのですが、そうならないのが不思議であり、面白い所なのかもしれません。
   <現状ランキング>   <出身母体>  <人口>    <県人口>
  1位: しんじょう君    高知県須崎市  約 23,000人 約 764,000人
  2位: はにぽん      埼玉県本庄市  約 78,000人 約7,194,000人
  3位: チュッピー     岡山県総社市  約 67,000人 約1,945,000人
  4位: とち介       栃木県栃木市   約159,000人  約2,007,000人
  5位: しまねっこ    島根県観光連盟     -       約 690,000人
現在首位をキープしている「しんじょう君」のご当地、須崎市の人口は約2万3千人と少ないのに、1日の得票数は6万4千票を上回っています。これには高知県の周辺自治体も支援に加わっていると思われますが、それでは2位に付けている「はにぽん」に対し周辺自治体が支援に加わると、大きな票が動きかねません。
昨年のトップ争いでは終盤の互いの得票数は1日で14万票、15万票と言う信じられないような票が、動いて来ていますから。
とち介ふわふわハウス1.jpg
(8月7日、「蔵の街サマーフェスタ」の会場に現れた、とち介ふわふわハウス)
ふわふわとち介1.jpg
(8月11日、「サマーフェスタ in いわふね2016」会場の、とち介ふわふわハウス)
最近の動きを見ても、3位の「チュッピー」の得票数が急激に増えて来ています。
「とち介」の場合でもこの最初の1ヶ月で、昨年の2倍近くの票を集めています。投票期間はまだ2ヶ月間も残っているのですから、逆転も夢ではないのです。3ヶ月と言う長丁場の投票期間の設定は、その本気度を試しているのかも知れません。


とち介 スタートダッシュで善戦! [ゆるキャラ]

ゆるキャラグランプリ2016の投票が、7月22日にスタートしました。
まず初日からスタートダッシュで勢いを付ける事が出来るか、期待と不安で初日の得票数を確認する。7月22日24時時点の得票数は、9,403票。初日にトップを取ったゆるキャラは、埼玉県本庄市の「ほにぽん」で、「とち介」より196票多く得票して1位。「とち介」は一歩及ばず2位からのスタートとなりました。

そして、昨日7月29日23時30分時点でも、順位は1位「はにぽん」、2位「とち介」で変わっていません。しかし、順位は変わっていませんが、得票数は日に日に差が広がって、このままズルズルと引き離されては、目標の「日本一」が遠のいてしまいます。
これまでの累計得票数の推移を見てみると、
<はにぽん>  <とち介> <票差>
    1日目   9,599票   9,403票    196票
    2日目  20,215票  17,819票  2,396票
    3日目  33,588票  26,766票  6,822票
    4日目  50,964票  38,706票 12,258票
    5日目  70,430票  50,218票 20,212票
    6日目  88,929票  64,881票 24,048票
    7日目 111,323票  80,060票 31,263票
    8日目 138,369票  95,088票 43,281票

1位の「はにぽん」の得票数がうなぎ上りに増えています。「はにぽん」の昨年2015年のグランプリの結果を見てみると、全国7位でした。 「とち介」は6位でした。勝てない筈は有りません。本庄市の人口は77,883人、それに対して新生栃木市の人口は158、735人と約2倍もいます。

今、栃木の街中を歩いていると、駅前通りや蔵の街大通りなどに、「とち介を日本一へ」の応援の幟旗が掲げられています。そして、市街地を離れた住宅街の庭先で、「とち介を日本一に」の幟旗を目にすると、連帯感が湧きあがります。
とち介幟旗1.jpgとち介幟旗2.jpg
(蔵の街大通りの街灯フラッグに「とち介」君)(住宅二階のベランダにひるがえる幟旗)

2013年に見事1位の座を獲得した、お隣佐野市のゆるキャラ「さのまる」君は、投票期間最後で先行する「出世大名家康くん」を逆転しました。この時予想外の敗北をきした「家康くん」は翌2014年のグランプリにはノミネートせずに充電を行い、昨年2015年のグランプリ争いで、愛媛県のゆるキャラ「みきゃん」と投票期間の最後まで、激しい得票数競争を繰り広げ、見事に念願の1位の座を手にしています。
3ヶ月間と言う長丁場を毎日毎日コツコツと投票続ける事は、簡単な様ですが結構気力体力が必要になると、昨年の投票活動を通して身をもって感じています。
私達の癒しのゆるキャラ「とち介」君を応援する一人一人の、1票1票を積み上げて、「日本一」と言う目標に向かって頑張りましょう。後ろからヒタヒタと高知県のゆるキャラ「しんじょう君」が迫って来ています。

とち介、ゆるキャラグランプリ2016の戦いが始まる [ゆるキャラ]

グーグルマップで「栃木市立南中学校」と検索、航空写真に替えて見ると、南中学校の校庭に何やら「ピンク色の物体」が見える。この航空写真は今もまだ更新されていないと思う。
撮影された日は、2014年3月28日午後1時15分ごろ。この時私は丁度この校庭にいました。恐らくこの航空写真に写っている人影の一人が私のはず。
ピンク色の物体は、熱気球「ハートランド号」。丁度この時初めて市民にお披露目されたものです。熱気球としては珍しい、ハート型で正面に「とちぎCity」の文字、背面には「天使の羽」を付けています。
ハートランド号1.jpgハートランド号2.jpg
(栃木市立南中学校の校庭で行われた熱気球「ハートランド号」のお披露目)

この日、栃木市ではこの後、蔵の街大通りにて、「栃木新庁舎完成記念」のパレードが実施されました。そして、そのパレードで私は初めて、栃木市のマスコットキャラクターとなった「とち介」君を見る事になったのです。
とち介初お目見え.jpgとち介初お目見え2.jpg
(蔵の街大通りに初めて表れた、栃木市マスコットキャラクターの「とち介」)

それ以来、私は「とち介」君の隠れファンとなりました。その年、初めてエントリーした「ゆるキャラグランプリ2014」、慣れない携帯からの投票に戸惑いながら、90%以上は投票しました。
とち介in大田原2.jpgとち介in大田原.jpg
(大田原市での「ゆるキャラスポーツ大会」に追っかけ)

そして、昨年の「ゆるキャラグランプリ2015」は、投票期間が前年の3倍の3ヶ月間に及ぶ長丁場と変わりましたが、投票初日から最終投票日まで、100%完全に毎日投票を続けました。
初年の全国8位から、6位とアップしましたが、首位争いからは大幅に得票数を放されました。
今年の目標は「全国1位」と発表されました。今、駅前や蔵の街大通りには、「とち介を日本一へ」の街灯フラッグが掲げられ、毎日必ず投票する仲間を増やす「リストバンド」でハイタッチ運動大作戦などが展開されています。
日本一へ1.jpg日本一へ2.jpg
(栃木駅北口のロータリーに掲げられた、「とち介を日本一へ」の街灯フラッグ)
「とち介で栃木を元気に!」
いよいよ明日、7月22日午前10時より投票が開始します。私も又100%投票を目指します。
リストバンド1.jpg
(100%投票約束のリストバンド)

とち介、最終ランキング6位 [ゆるキャラ]

昨日11月23日、ゆるキャラグランプリ2015が幕を閉じました。
我が栃木市のマスコットキャラクター「とち介」くんは、最終ランキング6位と言う好成績を達成しました。
目標とした「国内5位以内」には、一歩及ばなかったですが、栃木県内1位は達成しました。
これも、最後までシッカリと投票を続けた、多くの「とち介」ファンの熱意が有ったればこそです。
最終得票数は、992,524票でした。百万票の大台には至りませんでしたが、7位の「はにぽん」(埼玉県本庄市)に89,069票の差まで、追い上げられましたが逆転を許すことは有りませんでした。

今回の戦いでやはり熾烈だったのは、「出世大名家康くん」と「みきゃん」の首位争いでした。
11月8日以降ランキング・得票数が非表示に成ってから、最終得票数までの上積み票は、最後まで首位を守った「出世大名家康くん」が、+2,007,650票、追いかける「みきゃん」が、+1,998,225票と、両者とも殆んど譲ることなく、二百万票もの多くの票を集めていました。
この最終得票数には昨日までの3日間、「出世大名家康くん」の領地、静岡県浜松市で開催された決戦投票の結果も含まれています。「リアル投票」の票は倍率が「1.5倍」に成りますので、地元の「出世大名家康くん」に有利だったはず。事務局もトップ争いの状況から判断して、倍率を昨年の「2倍」より「1.5倍」に下げたものと推定します。
でも、結果は予想通りに成りました。

「とち介」くんの決戦投票での得票数はどれくらい上乗せされたのか、予想する事は出来ませんが、栃木からも大勢の応援団が現地に行ったと聞いています。
浜松まで出向かれた応援団の皆さん、大変お疲れ様でした。

長期間に渡った今年のゆるキャラグランプリも終了致しました。「とち介」くんもお疲れ様でした。これからも栃木市内を飛び回って、栃木市民の心を癒してください。

とち介、ゆるキャラグランプリ2015の投票も大詰めです。 [ゆるキャラ]

今年の「ゆるキャラグランプリ」の投票も、残すところ後一週間、来週の月曜日(11月16日)18時で、インターネットによる投票が終了します。3ヶ月間、何とも長い投票期間でした。
「とち介」人形.jpg
現時点での各ゆるキャラの総得票数は今日の18時をもって、非表示となりました。
ランキングは、現時点暫定1位は静岡浜松市の「出世大名家康くん」、そして2位は愛媛県の「みきゃん」となっていますが、この1位と2位とのトップ争いは壮絶です。どちらも一歩も引かない戦いを続けて来ました。私が最初にランキングを確認した8月26日から、ずっとトップの座を守っていた「みきゃん」でしたが、今月に入り11月4日に遂に「家康くん」が逆転をして、1位に成りました。しかしすかさず5日・6日は「みきゃん」が逆転、そして7日から今日現在まで「家康くん」が再度首位の座を奪い取っています。
ここまで来ると両者とも、後に引けない負けられない状況です。
最近1週間の両者の1日の平均得票数を比較すると、「出世大名家康くん」が、154,593票。それに対して「みきゃん」は、149,116票と僅かに少なかった事が、逆転を許したものです。
これから1週間投票の結果が確認できませんが、最終的にどのような結果に成るか、興味深いです。1日に15万票もの票が動いています。愛媛県の人口は約1,431,000人です。それに対して静岡県浜松市の人口は約789,000人。それぞれの出身母体がどれだけまとまれるかが勝負を決するのだろうか。
愛媛県は2012年に今治市の「バリィーさん」が第2代のグランプリを獲得しています。その力をここで又、発揮出来れば可能性も残っているのか。
浜松市のマスコットキャラクター「出世大名家康くん」にとっては、2013年の最終決戦で佐野市の「さのまる」に大逆転を許していますから、今回は兜の紐をしっかり締めて、最後まで戦うものと思われます。
今年は丁度、「徳川家康公顕彰四百年」の年にもなっていますから、浜松市が盛り上がっています。それも追い風に成っています。
ゆるキャラグランプリ得票数推移グラフ(終盤).jpg
さて、我が栃木市のマスコットキャラクター「とち介」くんは、後半はずーっと6位の位置をキープして来ています。目標とした「全国5位以内」は、かなり厳しい状況に成っています。最近の一日平均得票数は、13,426票に成っています。しかし上を行く5位の富山県小矢部市の「メルギューくん・メルモモちゃん」とは、60万票もの差が有ります。一方下から追い上げて来ている埼玉県本庄市の「はにぽん」との差は、11万票と迫って来ています。現状の6位を維持する為に、いや最後まで目標の5位以内を目指して、「とち介」くんのファンの力を結集して、ミラクルを起こしていきたいです。
手作り「とち介」メダル.jpg
私は自分が持っている2票を毎日忘れない様に、寝る前に投票を済ませ、就寝する生活スタイルでここまでやってきました。後一週間、最後まで「とち介」くんに投票して行きます。

とち介、ゆるキャラグランプリ2015の投票も終盤戦へ。 [ゆるキャラ]

本当に長丁場の選挙戦です。この10月17日で投票期間も3ヶ月目に入り、残すところ1ヶ月に成りました。
現状をまず1枚のグラフで確認します。10月15日から10月18日の4日間の、上位10人?10キャラの累計得票数の推移を折れ線グラフに表わしました。
ゆるキャラグランプリ2015終盤戦へ1.jpg
現在1位の愛媛県の「みきゃん」と2位の静岡県浜松市の「出世大名家康くん」とは、累計得票数が270万票で激しくトップの座を争っています。優勝はこのどちらかに絞られています。
3位埼玉県深谷市「ふっかちゃん」、4位富山県小矢部市「メルギューくん・メルモモちゃん」そして5位高知県須崎市「しんじょう君」についてはほぼ順位確定と思われますが、ここに来て5位「しんじょう君」が得票数を伸ばしていて、この状況が続くと、4位の座を狙えます。
我が栃木県栃木市の「とち介」も当初から健闘していますが、6位に留まっています。(目標は5位以内)。前年2014グランプリに初挑戦して8位と言う好成績を獲得した余勢をかって、今年度も前年以上の6位に付けています。数多くのゆるキャラが参戦している中、6位をキープしている事はそれだけでも、「とち介」のファンの結束力を感じます。その結束力を生み出す元に成っているのは、「とち介」の持っている「癒し」の力だと考えています。毎日毎日1万票と言う投票が着実に実施されているのですから。
ただ、もう一度グラフを見てみると、「とち介」の後には多くのゆるキャラが団子状に固まっています。残すところ1ヶ月、最後まで気を緩めることは出来ません。そして、最後まで上を目指して自分の持っている1票を着実に投票する。それだけです。

とち介くん、現在6位健闘中。 [ゆるキャラ]

昨日10月1日は、「ゆるキャラグランプリ2015」の投票中間日でした。
我が「とち介」君は、現在6位で検討を続けています。現在の投票状況をデータ解析すると、首位争いを行っている「みきゃん」(愛媛県)と「出世大名家康くん」(静岡県浜松市)は、ここに来て毎日6万票以上の大量の票を上乗せしています。「出世大名家康くん」は最初1ヶ月間は4位から3位と出遅れていましたが、9月24日に2位に上がってから、首位の座を覗っています。しかし、「出世大名家康くん」は2013年のグランプリでは終盤2位の「さのまる」君に10万票の差を付けて最終開票に臨み、首位の座を「さのまる」君に奪われる苦い経験をしていますので、今年は最後まで突き進んで行くと想像できます。丁度今年は徳川家康公没後400年という記念すべき年でもあり、そのパワーにも背中を押して貰えれば、いい結果が待っているかも知れません。
現在首位を走る「みきゃん」は、何時からこんなに集票力が出来たのか。昨年2014年の結果は前半7位~5位を上下していましたが、後半は4位・3位と順位を上げ、最終的には3位の高位置を獲得しています。10月16日の得票数は620,501票、10月18日682,068票と、1日平均3万票以上上乗せしていました。
現在2位との票差は約3万4千票有りますが、1位・2位の得票数は1日6万票以上に成ってますから、後半戦どのような展開になるか、興味が有ります。
さて、「とち介」君の現在の得票数438,119票(10月1日現在)、最初に掲げた今年の目標「県内1位、全国5位以内」に対し栃木県内の1位はキープしていますが、全国では6位で1歩遅れをとっています。
県内では、最近小山市観光協会のゆるキャラ「政光くん・寒川尼ちゃん」が順位を上げて来ています。当初8月の間は14位から11位でしたが、9月に入って8位までランクアップして来て、一時は「とち介」君を抜く勢いでしたが、9月後半何故かエンジンブレーキがかかったようで、又11位に下がっていました。ところが10月に入って又アクセルを踏み込んだのか、現在順位を上げ始めました。今日10月2日の結果は9位まで戻ってきました。10月2日の上乗せ票が、「とち介」君が9,461票と低迷したのに対して、「政光くん・寒川尼ちゃん」の上乗せ票は16,386票と大幅に増やしています。この状況が続くと「とち介」県内1位の目標も危うくなりそうです。
ゆるキャラグランプリでは浮動票があまり動かない中、ファンの力を今一層結集させる必要が有ります。
「とち介」君も日曜日などは、4ヶ所も5ヶ所も掛け持ちして、みんなに癒しや元気を振りまいています。それが又得票につながってきます。「とち介」君頑張って!
投票終了は11月16日18時です。今、マラソンの折り返し点を回った所です。ここは力を蓄えて、ラストスパートで目標達成を目指しましょう。私も1日2票ですが、確実に積み上げて行きたいと思います。
<参考データ>
ゆるキャラグランプリ2015中間推移.jpg
(どのゆるキャラもグラフが上下していません。固定票を確実に積み増ししている事が、グラフからも読み取れます。)

とち介、ゆるキャラグランプリ2015は中盤戦に入りました [ゆるキャラ]

ゆるキャラグランプリ2015の投票も、今日2ヶ月目に入りました。
8月17日投票を開始して、丁度1ヶ月が過ぎ栃木市のマスコットキャラクター「とち介」は、6位の順位を必死でキープしています。ただ、目標としている全国5位以内に対して、今一歩の所で足踏み状態です。
とち介1.jpg
今年のトップ3は、愛媛県イメージアップキャラクター「みきゃん」、埼玉県深谷市イメージキャラクター「ふっかちゃん」、そして静岡県浜松市マスコットキャラクター「出世大名家康くん」の3キャラにほぼ絞られた感が有ります。この上位3キャラは毎日の投票で「3万票」もの票を上乗せし続けています。
昨日から9月23日の中間発表を演出する為、順位と票数が非表示となり、確認が出来なくなりました。
現在「とち介」の上を行く、5位の高知県須崎市の「しんじょう君」に追いつき、追い越すためにはもうひと踏ん張りする必要が有ります。「とち介」に対しては1日約1万2千人の支援者が投票を続けています。「とち介」も今毎日のように市内を回り、元気と癒しを広げています。
今日も街角で「とち介カー」が走って行くのを見かけました。又、どこかで頑張っているな。
前の10件 | - ゆるキャラ ブログトップ