So-net無料ブログ作成
検索選択

クラモノ。9 [祭]

クラの街でタカラモノ探し。「クラモノ。9」が、昨日と今日の2日間、嘉右衛門町通りを中心に開催されています。昨日は少し小雨がぱらつく曇りの天候でしたが、今日は雲が少し残るものの、青空が広がりました。
今日は朝から夫婦なのでしょうか、2羽のツバメが我家の玄関先で巣造りを始めています。
暫らく玄関前に座り込んでその様子を、ボケーッと眺めていました。そんな所に巣が造れるのか、クチバシで運んで来た泥や藁クズを一生懸命壁にくっ付けています。折角つけても下に落ちてしまう事が多いのか、玄関先が落ちた泥やワラクズで汚れて来ます。
昼過ぎ、ウォーキングを兼ねて「クラモノ」を見に行く事に。
陽射しが強くなっていますが、時折吹く風が気持ち良く感じられます。日陰を選んで歩き、嘉右衛門町通りへ。通りの入口で「クラモノ」の係りの青年から会場マップを頂きました。
クラモノ1.jpgクラモノ2.jpg
何時もとは違う雰囲気、通りは多くの人が行きかっています。普段は人影のない店舗の前も人だかりが出来ています。
クラモノ3.jpgクラモノ12.jpg
何時もは通りをただ歩いて過ぎる、嘉右衛門町の古い土蔵造りや石蔵の中へ入り、出店している沢山のお店を覗いて回りました。
クラモノ6.jpgクラモノ4.jpg
手作りアクセサリーを売る店。お洒落な麦わら帽子を売る店。可愛らしい食器を並べるお店など、興味深く見て回りました。
クラモノ8.jpgクラモノ7.jpg
陽気が暑くなった為かドリンクや氷を売るお店の前には長い列が出来ています。建物の陰に座り込んで、お話をしながら食事をしている家族。意外にベビーカーを押しながら歩く若いお母さん達も大勢います。
クラモノ10.jpgクラモノ11.jpg
娘が食事に行くと言うお店に初めて入ってみました。お店の中も大勢のお客さんです。若い人が多いので、特製デミグラスソースの煮カツベーグルをテイクアウトにして、我家に戻って食べる事にしました。
クラモノ13.jpg
家に戻ると、相変わらず2羽のツバメが、せっせと巣造りを続けています。何時に成ったら巣の形が出来上がるのだろうか、暫らく静かに様子を見て行こうと思います。

平柳星宮神社の御神楽祭 [祭]

去る4月13日(木)に、栃木市平柳町一丁目に鎮座する「星宮神社」にて行われた、「御神楽祭」を見に行ってきました。
3月ごろから市内をウォーキングしている時に、街中にて「星宮神社御神楽祭」のポスターを見かけるようになっていました。昨年はポスターに気が付いた時には、既に終わった後だったので、今年は忘れず必ず見に行こうと心掛けていました。
御神楽祭ポスター.jpg平柳星宮神社1.jpg
こうした神社にて行われるお神楽は、その地域その町で守り引き継がれているのでしょうが、なかなか見る機会が有りません。私はこれまで旭町神明宮や都賀町家中の鷲宮神社それから柳橋町の日限富士浅間神社で行われているお神楽を見ていますが、平柳星宮神社は初めてでした。
今年の平柳星宮神社の御神楽祭は、天候に恵まれ、青空の下時折強く吹く春風に、境内の桜が花びらを舞わせています。それが丁度神楽殿で舞う御神楽と共演して、一段と鮮やかな祭りの風景を醸し出していました。
午前11時前に会場に向かいました、平日の午前中という事で境内にはまだ数名の人影しか有りません。氏子等関係者の皆さんは10時から拝殿内で行われている「大前の儀」に参列している様でした。私もまず拝殿前で参拝を済ませ、御神楽の始まるのを待つ事に。
平柳星宮神社2.jpg
やはりこうしたお祭りにもマニアの方がいらっしゃるのか、ビデオカメラを三脚にセットして、御神楽の一部始終をビデオに収める様です。
予定通り11時には「御神楽の儀」が始まりました。
お神楽(式射).jpgお神楽(幣舞).jpg
最初は「式射」、これは二人の舞手が弓矢にて四方、四隅、天地を祓い神楽殿を清浄にする舞であると説明されています。次に「幣舞」(祭主の舞)、祭主が御幣を持ち四方、四隅、〇(和)、☐(四季)、△(天・地・人)と舞って天下泰平、五穀豊穣をお祈りする舞。
お神楽(翁の舞).jpgお神楽(春日の舞).jpg
続いて「翁の舞」住吉の大神(土地の長老)の五穀豊穣をお祈りする舞、「春日の舞」春日の大神(天児屋根命)の神徳を称える舞へと続きます。
お神楽(猿田彦の舞)1.jpgお神楽(猿田彦の舞).jpg
次いで「猿田彦の舞」(天狗の舞)、そして午前の部の一番の見せ場と成る「岩戸開きの舞」へと移ります。
お神楽(岩戸開きの舞)1.jpgお神楽(岩戸開きの舞)2.jpg
(面白おかしく舞う「天細女命」)              (岩戸を開く「手力男命」の舞)
「天の岩戸」の神話は有名なお話です。「天の岩戸」に御隠れに成った天照大御神(アマテラスオオミカミ)を、岩屋の前で芸能の神「天細女命」(アメノウズメノミコト)が面白おかしく舞って、その賑わいに外の様子を伺おうとした天照大御神を、「手力男命」(テジカラオノミコト)が岩戸を開き、お出まし頂く事が出来、これにより世の中が再び明るく平和に成ったと言うものです。
お神楽(岩戸開きの舞)3.jpg
(しずしずと天の岩戸からお出ましに成る「天照大御神」)
こうして午前の部が終了。休憩の後1時30分から午後の部に成りますが、私はここで帰宅。
午後の部ではお宝撒きも行われると有って少し残念でした。
平柳星宮神社3.jpg
今回の御神楽を演じたのは、大平町横堀の御神楽保存会の皆様でした。何時までも継承される事を願います。



うずまの竹あかりを楽しみました。 [祭]

この冬は恒例となっていた、栃木市巴波川の冬ホタルが行われておりません。
その代りなのか、「幸来橋」の下流に架かる「巴波川橋」の北東側橋詰に有る、「蔵の街遊覧船待合処」の板塀沿いに、孟宗竹を細工して星の形や音符の形などの穴を開け、内側に照明を燈すことで、竹の表面に色々なデザインの光りが浮かび上がる「竹筒燈籠」が幾つも取り付けられています。
うずまの竹あかり1.jpg
巴波川沿いの道は私のウォーキングルートのひとつ、陽が暮れてから川の右岸を歩くと、対岸に続く「塚田歴史伝説館」の黒塀の先に、オレンジ色の温かな明かりが転々と灯ってます。
うずまの竹あかり3.jpg
巴波川橋を渡って、灯りの元に近づいて見ると、竹筒に一本一本異なったデザインの穴が開けられ、竹筒内に灯る照明の明かりにより、その細工された穴からの光りが闇の中に浮かび上がり、とても美しく見ていて楽しい気持ちに成ります。
うずまの竹あかり4.jpgうずまの竹あかり5.jpgうずまの竹あかり6.jpgうずまの竹あかり7.jpg
これらの竹筒燈籠の細工をされたのは、うずま川遊会の船頭さん達という事です。舟を操るのも上手、お話も歌も上手な方達ですが、その上デザインや工作も達者と、本当に器用な方達だと感心してしまいます。
うずまの竹あかり2.jpgうずまの竹あかり8.jpg
この「うずまの竹あかり」は2月末まで見られるそうです。

とちぎ秋まつりに、昔を懐かしむ [祭]

今日の夕方、ウォーキングを兼ねて、蔵の街大通りの「とちぎ秋まつり」会場へ行ってきました。丁度昼間の山車巡行が一段落して、各町内とも夕食休憩になるところでした。又、夜の巡行に向けて、照明用の提灯飾りを取り付ける作業など始まっていた。
2016年秋祭り1.jpg2016年秋祭り2.jpg
(今年の秋祭りの山車会館付近の様子)
それでもまだ一ヶ所、銀座通りの入口交差点辺りに人だかりが出来て、激しいお囃子の演奏が聞こえて来ました。そこでは祭りのひとつのハイライト、「ぶっつけ」が行われていて、3台の人形山車が向かい合って、互いに負けじとお囃子を必死で演奏し合っています。山車と山車の間では、祭り衣装に着飾った大勢の男衆や少女達が、提灯を振ったり扇子を振って、お囃子を盛り上げています。そしてその周囲にはそれを見よう、写真に撮ろうとする観衆が合わさって、騒然となっています。
2016年秋祭り3.jpg
(銀座通り入口付近での「ぶっつけ」の様子)
暫らく「ぶっつけ」でのお囃子の競演を楽しんだ後、たこ焼きと肉まんを土産に、家路に着きました。

夜は昔の秋祭りのアルバムを振り返って見て、昔を懐かしみました。
最近はデジタルカメラなので、何枚も撮影して後でパソコンに取り込んで、整理する事が出来て便利になりましたが、それ以前のフィルムの頃は24枚撮り・36枚撮りを祭撮影の時は、2本3本とフィルム交換して撮影をする状況でした。私が最初に秋祭りを撮影したのは昭和41年(1966)でしたが、その頃はまともに見られるものは有りません。枚数もたった6枚でした。
1966年秋祭り2.jpg1966年秋祭り1.jpg
(初めて撮影したのは神武天皇の人形でした)(明日の巡行を待つ静御前の山車)

それから5年後昭和46年(1971)には、私もカラーフィルムを使うようになっていました。
1971年秋祭り1.jpg
(この頃、大通りは全面通行止めの規制はしていません)
1971年秋祭り2.jpg
(当時は大通りに横断歩道橋が有った為、山車は通過出来ずUターンしました)

昭和51年(1976)は、栃木市制40周年の年に当たりました。
1976年秋祭り2.jpg
(やはり祭りのハイライトはお囃子の競演「ぶっつけ」でした)
1976年秋祭り1.jpg
(歩道橋の南と北の山車が、橋を挟んでの「ぶっつけ」も有りました)

昭和56年(1981)、旧栃木第二小学校(現在の栃木中央小学校)校庭に山車が勢揃いした時見に行きました。
1981年秋祭り1.jpg
(秋晴れの下、旧栃二小校庭に勢揃いした人形山車)
1981年秋祭り3.jpg1981年秋祭り2.jpg
(旧栃二小から湊町を通って帰る室町桃太郎の山車)(当時は電線対応も大変でした)

昭和61年(1986)は栃木市制50周年の節目の年と成りました。
1986年秋祭り1.jpg
(大通りに勢揃いして、夜の巡行が始まります)
1986年秋祭り2.jpg
(この年に初めて大町の弁慶が、巡行に参加しました)
年号が昭和から平成に変わり、平成3年(1991)に開催された秋祭りは、文化会館北側の駐車場に人形山車が集合いたしました。
1991年秋祭り1.jpg
(旭町の文化会館北側駐車場に集まった山車)
1991年秋祭り2.jpg1991年秋祭り3.jpg
(華やかな祭り衣装)     (毎回元気な子供達に担がれる倭町一丁目の獅子頭)

平成8年(1996)、この回は栃木県立栃木高等学校が創立百周年の年と成り、祝賀の為万町1丁目・2丁目・3丁目の山車が栃高の正門を入り勢揃いをしました。
1996年秋祭り1.jpg
(県立栃木高等学校から戻る万町の人形山車)
1996年秋祭り2.jpg
(電線地中化工事が済み、電柱が消えすっきりした蔵の街大通りの巡行)

平成13年(2001)の秋祭りも例年通り華やかに開催されましたが、たまたまこの年準備をしている今泉町閑古鳥の組み立て風景を見る事が出来ました。
2001年秋祭り1.jpg2001年秋祭り2.jpg
(クレーンでニワトリを吊り上げ組み立てを行う)(巡行する泉町の山車「閑古鳥」)

その5年後、平成18年(2006)の秋祭りの頃は、仕事の関係で地元にいなかった為、残念ながら祭りを見に来ることが出来ませんでした。又、この後「とちぎ秋まつり」の開催が、これまでの5年毎から2年毎へ変更となり、次の開催が平成20年(2008)と成りましたが、この時もまだ単身赴任の状態が続いて見る事が出来ませんでした。平成22年(2010)の春に戻って来ましたから、さっそくその年の秋祭りは見物に出ました。
2010年秋祭り4.jpg
(この時に初めて嘉右衛門町の仁徳天皇の山車が参加している事を知りました)
2010年秋祭り1.jpg
(夜空に揺れる多くの提灯、「ぶっつけ」は見ているだけで興奮して来ます)

そして最近は2012年・2014年そして今年2016年と、2年毎に開催されている山車巡行を毎回満喫しています。
各町内会で所有・保存していた山車の収納に関して、昭和43年(1968)8月15日に、元栃木宿内の室町・倭一・倭二・萬一・萬二・萬三の6台を保管する山車収納庫が神明宮の境内に建設されました。
山車収納庫1.jpg
(現在も神明宮の境内の一角に残されている元の山車収納庫)
その後これらの人形山車を3台づつ交換展示する「とちぎ山車会館」が平成7年(1995)2月10日にオープンしています。
とちぎ山車会館1.jpgとちぎ山車会館2.jpg
(いつでも秋祭りの気分が味わえる山車会館)(建物は「栃木県マロニエ建築賞」を受賞)
現在は他の、泉町「閑古鳥」・大町「弁慶」・嘉右衛門町「仁徳天皇」のそれぞれの山車についても、各町内に立派な収納庫が造られています。

2016年秋祭り4.jpg
(快晴となった最終日、栃木駅前にて秋祭りに来栃された観光客を出迎える山車)

茶の間からの、蔵の街花火大会 [祭]

今日、永野川緑地公園河川敷を会場に、第3回蔵の街花火大会が開催された。
しかし、天候は朝から雨がぱらつき、ジッとしていると少し肌寒さを感じた。夕方から少し雨脚が強くなって花火大会の開催を危ぶんだが、ポスターには「雨天決行」となっている。
例年なら、歩いて永野川の土手の上から、川の対岸で打ち上げられる花火を見物するが、今回は悪天候となったので、外出する事は断念をしました。
花火大会の開始時間19時、遠くから花火が打ち上げられる音が響いて来ました。予定通りに花火の打ち上げが開始された様です。西の窓を開けると、西の闇の中に花火の光りが輝いては消えるのがハッキリと見えました。
大輪の花火が輝くと、闇に消えていた家や電柱がシルエットとなって、又浮かび上がります。
スターマインなどは、空高く上がらない為、低い所は近くの住宅に遮られて、上半分ほどしか見る事が出来ません。大玉は高く上がってくれるのでよく見えたのですが、低くたなびく雨雲の陰に隠れてしまうのか、逆に上半分が雲に遮られて見る事が出来ません。
窓際にカメラを据えて、束の間の花火の光の撮影を試みました。満足とは言えませんが、我家の茶の間で窓越しに見る花火に、暫し時間を忘れカメラのシャッターを切っていました。
蔵の街花火大会1.jpg
蔵の街花火大会2.jpg
蔵の街花火大会3.jpg
蔵の街花火大会4.jpg
蔵の街花火大会5.jpg
茶の間で、お茶を飲みながら、のんびりと見る花火も、地元の花火大会ならではの事、ありがたいものです。でも天気が良ければやはり近くまで行って、花火を見上げ、腹の底まで響く花火の音を感じてみたいとも思いました。

「10万人栃木まつり」の思い出 [祭]

最近、ウォーキングも少し陽が傾いて涼しくなったころに、家を出る事が多くなりましたが、週末などは栃木の市街地を歩くと、遠くから太鼓をたたく音が聞こえる様になりました。夏祭りのお囃子の練習が始まっている様です。錦町や小平町そして十二社の境内と思しき方向からも、調子の良いリズムが、いよいよ祭りが近くなってきている事を知らせてくれます。
大通りに面した店舗のガラス戸には、神明宮神幸祭のポスターが貼られています。今年は7月24日(日)の午後5時から、蔵の街大通りを御神輿が渡御します。私も若かりし頃に担がせて頂いた経験が有りますが、早朝9時から神輿巡行をスタートさせて、旧栃木町の五ヶ町を全部回りました。
神明宮神幸祭2015神輿.jpg
(昨年の神明宮神幸祭の様子)
神明宮神幸祭2015囃子.jpg
市内の各町内の神輿が大通りに繰り出す連合渡御も、以前は沢山の神輿が集まり、大通りは人で溢れました。
神輿連合渡御1.jpg
(蔵の街大通りでの、神輿連合渡御の様子。1980年7月撮影)
神輿連合渡御2.jpg
8月に入ると、幸来橋下流の巴波川で行われる「百八灯流し」、そして蔵の街大通りを中心に開催される「栃木夏祭り」、最近は祭りの名称も変わって、「蔵の街サマーフェスタ」となりました。
百八灯流し2013.jpg
(幸来橋下流部の巴波川で行われる「百八灯流し」の様子。2013年撮影)
私が小さかった頃は、旭町第二公園の広場に櫓が組まれ、盆踊り会場になりました。両親と手つないで見にいった記憶が残っています。沢山の人出で櫓の周りで踊る所は、なかなか見る事が出来ませんでした。観客の後で櫓の上で演奏される、「栃木音頭」や「栃木小唄」の歌や囃子、三味線の音が今も耳に残っています。
しかし私が10代の頃の夏祭りの記憶は不思議と残っていません。
現在の様に、蔵の街大通りを会場に、盆踊りが開催されるようになったのは、昭和50年(1975)の事です。この年の4月10日に栃木バイパス道が、箱森町の十二社から大平町川連の間が仮開通した事で、大通りを全面通行止めにした祭りが可能になったのでした。
栃木まつり1978年8月2.jpg
(蔵の街大通りにて開催された「栃木まつり」盆踊り大会の様子、1977年撮影)
栃木まつり1977年8月1.jpg

その当時、栃木青年会議所の提唱によって企画された、「10万人栃木まつり」は更に時をさかのぼる事2年前、昭和48年(1973)に第一回が開催されました。この時の祭りのメイン会場となったのは、栃木東中学校の校庭で、中央に立派な「盆踊り櫓」が組まれました。
栃木ヤングフェスティバル1.jpg
3日間の祭りの期間の初日は、メイン会場の櫓をステージとして、10代20代の若者が主体となった「栃木ヤングフェスティバル」、会場には沢山の若者がステージ上で演奏されるプロのタレントの演奏を楽しみました。私も観客の1人として出かけ、写真を撮って来ました。
栃木ヤングフェスティバル2.jpg
フィナーレは大きなキャンプファイヤーの炎を中心に、歌や踊りで夏の位置やを、一緒に楽しみました。
この時の、10万人栃木まつり・ヤングフェスティバルのテーマソングは、「もう一度ふるさとを」でした。
今も懐かしく思い出します。
一番だけ紹介します。≪若さみなぎる この町の 力あふれる 若者よ 素直な心で 見つめて欲しい 忘れかけてた ふるさとを 唱えヤング 踊れヤング ランララ・ランランランララー≫
栃木ヤングフェスティバル3.jpg
今は遠い昔の思い出に成ってしまいましたが、栃木まつりはその時代・時代に合わせて、変化し続けられています。
今年も又、栃木の夏祭りを楽しみたいと思います。


栃木県民の日 [祭]

栃木県民の日は、6月15日水曜日です。平日という事で昨日(11日)と今日(12日)の二日間、県内各地でイベントが開催された様です。私の地元栃木市においても、「県名発祥の地 十千木縁日」と銘打って、多くのイベントが企画されました。
県民の日2.jpg県民の日1.jpg
(イベント会場となった「とちぎ山車会館前広場」)
私も、「とちぎ山車会館」や「とちぎ蔵の街美術館」の入館料が無料になるという事で、「無料」という言葉に誘われて、イベント会場である「とちぎ山車会館前広場」まで出かけて来ました。
県民の日3.jpg県民の日4.jpg
(入館料が無料となった「とちぎ山車会館」と「とちぎ蔵の街美術館」)
私が興味が有ったイベントは、「栃木の歴史写真パネル展示」でした。片岡写真館所蔵の明治期の栃木市街地各所を撮影した写真と合わせ、現在の姿を比較して観賞できるように展示されていました。栃木県内で最初の写真館が栃木で営業をした御蔭で、今もこうして自分が育った町の歴史を写真で目にすることが出来るのは、恵まれたと思います。
「とちぎ山車会館」の中は、撮影が出来ませんでしたが、展示物や秋祭りの人形山車の映像をゆっくりと堪能出来ました。又、山車会館前のイベント会場には、栃木市のゆるキャラ「とち介」君も姿を見せていました。
県民の日5.jpg県民の日6.jpg
(栃木の歴史写真パネル展示)                (イベント会場に「とち介」君の姿も)

6月15日が栃木県の「県民の日」と制定された由来について調べて見ると、「栃木市史 資料編 近現代Ⅰ」(昭和56年3月31日発行)の第一章「栃木県設置」と言う項目に、江戸から明治に世の中が変わる時代、政治・行政のしくみが、新しく変わる中で、「栃木県」が生まれる経緯が、その章の冒頭部分「概説」に表わされていました。
「概説」には、≪慶応4年(1867)鳥羽伏見の戦いに始まる戊申戦争は下野国へも波及し、・・・・(中略)・・・・明治4年4月1日出庁を栃木町にうつし、定願寺に日光県出庁を設け、間もなく県号を栃木県と改めたのである。≫と記され、ここで「栃木県」の名称が初めて表れました。
明治4年(1871)の廃藩置県で、旧栃木県と宇都宮県の2県となり、明治6年(1873)6月15日にこの二つの県が合併して、ほぼ現在の栃木県の形が誕生したのです。この合併日「6月15日」を栃木県の誕生した日として、県民の日と制定されたのでした。

6月15日の「県民の日」当日にも、栃木県庁をはじめ県内各所にて、イベントが開催される様です。時間が有ったらどこか参加したいと思います。
今日の帰路、嘉右衛門町にて、通りを走る懐かしい「ボンネットバス」に行き合いました。これも今回のイベントの一つで、バスの窓から乗っている子供達の元気な声を残して、バスは通り過ぎて行きました。
県民の日7.jpg
(嘉右衛門町通りを走る、昔懐かしいボンネットバス)

栃木・蔵の街かど映画祭で「路傍の石」を観賞 [祭]

今日と明日の2日間、9回目を迎える「栃木・蔵の街かど映画祭」が開催されています。
栃木・蔵の街かど映画祭4.jpg栃木・蔵の街かど映画祭3.jpg
(今年も上映会場となっている、中田蔵と旧関根邸)
昨年は、栃木高校講堂での「オープニングセレモニー」から出かけ、横山郷土館にて「しもつかれガール」、太田蔵にて「六人姉妹」などを観賞しました。
今日は11時から大田蔵にて上映された、山本有三原作の「路傍の石」を観賞して来ました。
栃木・蔵の街かど映画祭1.jpg栃木・蔵の街かど映画祭2.jpg
(今年の映画祭のパンフレットと、太田蔵の入口で手渡された上映プログラム)
「路傍の石」は、栃木市民であれば誰でも知っている、山本有三の代表的な小説で、「たったひとりしかない自分を、たった一度しかない一生を、ほんとうに生かさなかったら、人間生まれてきたかいがないじゃないか」と、主人公尋常小学校6年生の、愛川吾一に対して担任の次野先生が諭す言葉の一節は、栃木市内各所に、石碑に刻されて建てられています。
栃木・蔵の街かど映画祭8.jpg栃木・蔵の街かど映画祭7.jpg
(太平山謙信平の山本有三文学碑)    (旧県庁堀の南東角付近に建つ文学碑)
栃木・蔵の街かど映画祭9.jpg栃木・蔵の街かど映画祭10.jpg
(栃木駅北口広場に建つ山本有三文学碑)  (巴波川公園橋西橋詰の文学碑)
この小説「路傍の石」はこれまで4回、映画化されています。今回上映された映画は、パンフレットには1960年公開の、久松静児監督作品と出ていましたが、実際に上映されたものは、昭和13(1938)年公開の、日活製作 田坂具隆監督作品で、最初に映画化されたものでした。パンフレットには(下視ラ16mm)と記された作品がいくつか有りました。何の事か不明でしたが、会場にて説明が有った中に、「下都賀地区視聴覚ライブラリー協議会」と言う団体の所蔵フィルムと有りました。その団体の略称だと分かりました。
78年前に公開された作品という事で、想像は出来ましたが、古い16ミリフィルムでの上映の為、映像も音声もあまり良くありませんでしたが、それでもスクリーンに映し出される懐かしい栃木の街の風景が、随所に出てくるので、スクリーンから目が離せませんでした。
冒頭に巴波川沿い塚田邸の長い黒塀をバックに、主人公の吾一少年が架ける場面が写し出されます。その後に川に架かる木橋を渡るシーンが続きます。普通に考えると「幸来橋」となりますが、作品がつくられた頃は「幸来橋」はコンクリート橋に架け替えられています。次の場面でも吾一少年達が川に架かる小さな木の橋を渡る場面が有ります。周りの建物の様子から泉町の旧平柳河岸付近と思われます。ただ撮影が行われた数年前に、映画に出てくる橋の直ぐ上流側に、現在も残る「嘉右衛門橋」コンクリート橋が竣工しています。そうすると映画に映し出された橋は、撮影の為に架けられた「セット」だったのか、実際に当時有ったものなのか、色々と想像が広がります。
又、先の次野先生が吾一少年に話した「たったひとり・・・・・・」の一節の元になる、有名な「吾一が鉄道の鉄橋にぶら下がる事件」の撮影が行われたと云われる鉄橋が、現在「栃木市総合運動公園」西隣りに、旧栃木駅駅舎の北側に、一緒に移設保存されています。
栃木・蔵の街かど映画祭5.jpg栃木・蔵の街かど映画祭6.jpg
(現在移設保存されている旧栃木駅の駅舎)  (駅舎の北側に保存された両毛線の鉄橋)
今回の映画作品は、第一部・第二部の構成で、各60分と言う長いもので、16ミリフィルムが4リールになっています。その為2台の映写機を使用して交互に映写する方法で上映されましたが、途中で1台が止まるアクシデントが発生しました。何とか1台の映写機で無事上映が終了できました。
私も20代に栃木県立図書館で「16ミリ映写機取扱い講習」を受け、実際に映写会を行った経験が有りましたが、映写機へのフィルムのセットに手こずった事や、ランプが切れる不安を感じていた事が、フッと思い出されました。
結局今回は、「路傍の石」の作品だけでなく、その後に上映されたガッツ石松さん出演の「ガッツ親父とオサム」・「栃木市市制祝典実況」そして、昨年も見た「六人姉妹」の全ての上映作品を鑑賞させて頂きました。
入場無料で、栃木の懐かしい風景などを沢山見る事が出来、大満足の一日でした。

下野市グリムの森イルミネーションを見て来ました。 [祭]

今日は、陽が暮れてから下野市「グリムの森」で行われている「グリムの森イルミネーション」を見に行って来ました。
駐車場の出入りが、一方通行となっていたので、多くの車が来ていましたが、意外とスムースに車を停めることが出来ました。
ここ「グリムの森」を訪れるのは初めてです。正面入り口から入園しました。
グリルの森イルミネーション1.jpg
入口の横に「祝 下野市制施行10周年」の文字が明るく照らし出されていました。入園料無は魅力です。
グリルの森イルミネーション2.jpgグリルの森イルミネーション3.jpg
園内は「グリムの森」らしく、グリム童話に因んだイルミネーションが目を引きました。園内には多くの子供連れの家族の姿が目立ちました。
グリルの森イルミネーション4.jpgグリルの森イルミネーション5.jpg
今、多くの場所にて色々嗜好を凝らしたイルミネーションが造られ多くの人出でにぎわっています。
グリルの森イルミネーション6.jpgグリルの森イルミネーション7.jpg
我が栃木市でも幸来橋周辺の巴波川や新大平下駅前等でも行われています。
寒い冬の夜は暗く長く、外出をする気が薄れる所ですが、こうしたイルミネーションで色とりどりに輝く光の芸術を眺めていると、何故か幸せな身持ちにしてくれます。
近年は一般の家庭でも家をデコレーションして楽しむ様に成って来ています。30年以上前にアメリカに行った時、12月に成ると多くの家で、家の中から外までクリスマスイルミネーションを広く行っていました。
イルミネーション1.jpgイルミネーション2.jpg
(1982年12月24日テキサス州ハイランドパークのクリスマス・イブ)
今、そんな風景が日本の地方の町でも普通に見られるようになりました。

第20回栃工祭(学校公開) [祭]

今日は、我が母校である県立栃木工業高校の栃工祭(学校公開)を見学に行って来ました。もう20回目と成るそうです。第一回は私が在学中に行われました。久しぶりに母校の正門を潜りました。
栃工祭1.jpg
構内に入ると、本館の前に「真」「善」「美」の三つの庭が迎えてくれます。石庭に波目の模様を真剣に付けていた事を思い出されます。
栃工祭5.jpg栃工祭6.jpg
昇降口から1階の廊下を入ると最初に写真部の作品展示が有りました。栃木の町の風景や人物を撮った、モノクローム写真は、どれもこれも素敵な作品です。
栃工祭2.jpg
私も栃工写真部の大先輩に成るのですが、どうも作品の内容では私などとても敵いそうも有りません。
1階廊下の奥の突き当り、階段下の収納スペースに写真部暗室が有ります。ここも私の時に写真部が暗室として使用するようになった所です。
栃工祭7.jpg
機械実習棟に足を運びます。鋳造室や鍛造室は公開されていませんでした。機械実習室に案内されました。汎用旋盤が整然と並ぶ風景も以前と殆んど変わりません。
栃工祭4.jpg
説明に依ると先の台風18号による増水により学校全体が浸水被害を被り、実習室の多くの設備が使えなくなってしまったとの事で、ここの旋盤等もこれから修理をしなければならない状況。又マシニングセンターなどのコンピューター制御の設備は修理も利かないと言い、大変な被害にあわれたことを改めて知らされました。
溶接作業室ではアセチレン溶接の実作業をやって見せてくれました。保護眼鏡を付けて作業の手際を拝見しました。
栃工祭3.jpg
私はこの溶接作業の授業はあまり好きでは有りませんでした。作業手順を誤ったら、逆火して爆発するのではと、ビクビクしていましたから。
構内をあちらこちら歩き回り、昔の事を思い出し、ひとり感慨に耽っていました。
家に帰り、第一回学校公開当時の写真を引っ張り出してみました。
思い出の栃工3.jpg
(写真部作品展示、前日遅くまで準備に追われていました。)
思い出の栃工7.jpg思い出の栃工8.jpg思い出の栃工9.jpg
(当時の私の写真部の仲間たち)
思い出の栃工4.jpg思い出の栃工10.jpg
(当時の機械実習室)
思い出の栃工2.jpg
(電気科・電子科の展示の様子)
思い出の栃工6.jpg思い出の栃工5.jpg
(「外人との英会話」と言う企画も有りました)
今回の学校公開には大勢の方が見学に訪れていました。先の浸水被害の後片付けも大変だったと思いますが、今日の生徒たちの笑顔や元気な掛け声を聞いて、早く完全復旧をされるよう願ってやみません。
最後に栃木工業高校の校訓、「和顔愛語」の言葉を添えて終わります。
栃工祭9.jpg