So-net無料ブログ作成
堂々巡り ブログトップ
前の10件 | -

旧日光例幣使街道の起点、倉賀野宿閻魔堂を訪ねる。 [堂々巡り]

先週の土曜日、旧日光例幣使街道の起点となる、中山道の宿場町「倉賀野」に車を走らせました。
日光例幣使は江戸時代、正保4年(1647)から毎年4月の日光東照宮の例大祭に奉幣する為に、朝廷から派遣された奉幣使で、慶応3年(1867)まで221年間、1回の休みも無く続けられました。
日光例幣使は、毎年4月1日に京都を発って中山道を下り、上野国の倉賀野宿にて中山道より分かれ、我が栃木市街を通過して、鹿沼市楡木にて日光西街道(壬生通り)に合わさる、日光例幣使街道を通って、4月15日に日光に到着するのが慣例になっていました。
倉賀野宿の「下の木戸」を出た所で道は分岐し、「従是右江戸道、左日光道」と刻された道しるべが建てられています。
倉賀野宿4.jpg
(右が江戸に向かう中山道、左が日光に向かう例幣使街道)
そして道しるべの背後には、文化10年(1814)に立てられた立派な常夜燈と、さらにその奥に閻魔堂が建っています。
倉賀野宿1.jpg倉賀野宿3.jpg
(例幣使街道を示す新しい道路標識)         (分岐点に建つ道しるべと常夜燈)
私は、2014年9月21日に一度、この閻魔堂を訪れていますが、その時は丁度堂宇の老朽化が酷くなったとして、解体をされた後でした。昨年(2015)の5月に再建されたという事で、今回新しくなった閻魔堂を訪れました。
倉賀野宿2.jpg
(新しくなった閻魔堂)
倉賀野宿の旧中山道を、少し歩いて見ました。「連子格子」の有る建物やナマコ壁の土蔵など明治期の面影が残る建物を見る事が出来ます。
倉賀野宿6.jpg倉賀野宿9.jpg
(矢島家)                           (吉野家「叶屋」)
倉賀野宿5.jpg倉賀野宿10.jpg
(大山家)                    (街道の様子、左手に倉賀野古商家おもてなし館)
ただ午後1時を回る頃、歩いているだけでも夏の陽射しが照り付け、汗が噴き出て来ます。そこで少し空調の効いた屋内に入ろうと、近くの「群馬県立歴史博物館」に避難しました。
群馬県立郷土歴史博物館玄関.jpg
(群馬の森内、「群馬県立歴史博物館」の正面入口)
「群馬県立歴史博物館」は、先ほどの分岐から日光例幣使街道を少し行った先に有る「群馬の森」の中に有り、先月(7月23日)リニューアルオープンをしたばかりでした。
館内は空調が効いていて、最高に快適空間、ゆっくりと群馬県の歴史・文化を見て回りました。
「近世」のコーナーには、今回訪れた中山道倉賀野宿周辺の様子がジオラマで展示紹介されています。
倉賀野宿ジオラマ1.jpg
(倉賀野宿のジオラマ。左側の道の両側に家並みが続くのが中山道。右側に流れる川が、利根川支流の烏川。川には帆を掛けた舟が何隻も見えます。倉賀野宿は烏川の舟運による河岸も栄えていました。)
ジオラマをよく観察をすると、丁度中山道と日光例幣使街道との分岐付近を進む例幣使一行の行列が細かく再現されているでは有りませんか。馬に乗る人達や、長持ちを担いでいく人達、行列の中央付近に12名の人によって担がれている、一際大きい御輿には天皇からの宣命と金の幣帛を納めた櫃が収められているのか。行列後方には四枚肩の引戸駕籠が続く。数えてみると総勢74名(駕籠に乗っている人も含む)の行列となっています。
行列の先頭はすでに、「下の木戸」を抜けて分岐点を左の日光道を進んでいます。
倉賀野宿ジオラマ3.jpg
(倉賀野宿下の木戸を通り、閻魔堂の分岐を日光道へ進む例幣使の行列先頭部)
倉賀野宿ジオラマ2.jpg
(倉賀野宿内中山道を進む行列。12名で担がれた奉納される金の幣帛を納めた御輿も。)
ジオラマを眺めながら、遠い昔に思いを馳せました。
この群馬の森の公園内も、今ブームとなっている「ポケモンGO」をする若者達の姿を、多く見かけました。

新緑の雲巌寺へ [堂々巡り]

今日5月5日は立夏、暦の上では夏になります。そして昨日に続いて今日も、暦通りの暑い1日となりました。今回は新緑があふれる、大田原市の雲巌寺を訪れました。
私が初めて雲巌寺を訪れたのは、40年以上前になります。そして最近では一昨年2014年に訪れました。雲巌寺は大田原市東部の黒羽地区で、大田原市の中心街からでは、車でも40分ほどかかる、茨城県との境に横たわる、八溝山地の中に位置します。車で10分ほどで茨城県との県境になります。
雲巌寺の南側を東から西に、武茂川(むもがわ)の渓流が、新緑に包まれた谷の下を流れています。この武茂川左岸の道路脇に有る広い駐車場に10数台の車が止まっています。
雲巌寺にはここから、武茂川に架かる朱塗りの反り橋「瓜瓞橋」を渡った先に石段が有り、その上に重厚な山門に向かいます。この景色は40年前と殆んど変わっておりません。丁度2014年秋に訪れた時に、入口となる「瓜瓞橋」の高欄の塗り替え作業中だったのかビニールシートで養生されていました。今回は鮮やかな朱色の高欄が、新緑の中に浮き上がります。
雲巖寺15.jpg雲巖寺1.jpg
(1973年撮影、雲巌寺山門)          (2016年5月撮影、新緑の雲巌寺山門)
雲巌寺は正式に「東山雲巌寺」と称し、臨済宗妙心寺派の寺院で、御本尊は釈迦牟尼仏になります。山内に寺の由緒を記した説明板が建てられています。
「神光不昧」と書かれた額が掲げられた山門を潜って、中に入ります。正面に緩やかな曲線を以って左右に広がる銅板葺きの屋根を頂いた「仏殿」。山号「東山」と大書した額が掲げられたいます。
雲巖寺10.jpg
(ご本尊の釈迦牟尼仏を安置している仏殿)
仏殿に向かって左手正面に「平和観音」の額が掲げられた堂宇。右手には鐘楼が建っています。
雲巖寺11.jpg雲巖寺12.jpg
(観音堂)                        (鐘楼)
鐘楼の前に「雲巌寺略図」とその下に、山内での心得が記されています。
雲巖寺16.jpg
(鐘楼前に建てられた「雲巌寺略図」)
仏殿の裏手の石段を更に登り「獅子王殿」へ。参拝の後方丈前から自然豊かな山内を眺めます。「釈迦堂」「鐘楼」「山門」の屋根が緑色の空間に点在します。
雲巖寺3.jpg
(手前露盤宝珠を頂いた屋根は仏殿。右奥が山門、左奥が鐘楼の屋根)
雲巖寺13.jpg雲巖寺14.jpg
(右手の建物が「獅子王殿」)           (獅子王殿わきに咲いていた牡丹の大輪)
帰りは山門を通らず左側を下る坂道へ進む。裏門の前を過ぎると、右手に橋の高欄親柱に擬宝珠を付けた石橋が掛かっています。「瑞雲橋」と親柱に刻されています。
雲巖寺4.jpg雲巖寺7.jpg
(武茂川に架かる「瑞雲橋」)             (瑞雲橋の文字を刻す、石造りの親柱)
雲巌寺前を流れる「武茂川」には「雲巌寺五橋」と呼ばれる橋が架かっている様です。今回そのすべてを見てくることは出来ませんでしたが、山門前に架かる「瓜瓞橋」、そしてこの「瑞雲橋」さらにこの上流側の「涅槃橋」「梅船橋」そして下流側に「独木橋」の五橋だそうです。
雲巖寺2.jpg
(山門前、擬宝珠を載せた朱塗りの反り橋「瓜瓞橋」)
雲巖寺5.jpg雲巖寺8.jpg
(武茂川の流れの上に架かる新しい「独木橋」。隣りに古い橋が残っている)
雲巖寺6.jpg雲巖寺9.jpg
(現在の「独木橋」の隣りに残る、古い「独木橋」) (道と川百選、雲巌寺周辺の武茂川の碑)
今は更にその下流に架かっている、「三和橋」「錦雲橋」「心橋」を含めた、「雲巌八橋」と言う呼び方もあるそうです。
今度来た時は、ゆっくりと歩いてこれらの橋の有る風景を見てみたいと思いました。

下野市の国分寺へ [堂々巡り]

今日は、栃木市から東方面へ自転車を走らせました。神田町から真直ぐ東に寄居町を抜け、国指定史跡の下野国庁跡の南で、思川の大光寺堰から取水した、「美田東部用水」の幹線が北から南に流れています。
しもつけの丘1.jpgしもつけの丘4.jpg
(下野国庁跡、復元された前殿が見える)         (美田東部用水幹線)
この用水は歴史が古く、開鑿されたのは元禄十二年(1699)と云われています。旧豊田、穂積村の小宅・黒本等の八つの大字の水田を灌漑しました。その後も何度も改良を加え、現在に至っています。
用水堀に橋が架かっています。「おおはし」の橋名板が付いています。長さm、幅4m程の小橋ですが、名前は大きいです。橋の下流側右岸に雑草に埋もれる様に、国土地理院が設置した「四等三角点」が有ります。
しもつけの丘3.jpgしもつけの丘2.jpg
(美田東部用水に架かる「おおはし」)        (橋の右岸の草むらに三角点「古国府」)
基準点名は「古国府」、標高は43.11mです。関東平野の田畑の中に位置し360度視界が開けています。
東側には栃木市の南東端に位置する「古国府(ふるこう)」の集落が有りその東側に思川の土手が見えます。目を西側に転じると、正面奥に太平・晃石の山並み、右手前には「下野国庁跡」、宮目神社の森が見えます。
しもつけの丘0.jpg
(三角点設置位置から西方を望む、正面奥に一等三角点の有る晃石山が見える。)
用水堀に沿って南に下がります。300m程で栃木市田村町から小山市小宅に入ります。この辺り行政区の境界線が東西に走っていますが、この境界線に沿っていにしえの「東山道」が通っていたと云われています。下野国庁が境界線の北側に面するこの場所、かっては奥州へ向かう人達や、都に戻る人達の往来が有ったと思うとロマンが広がります。
用水堀の脇に背の高さ3m強にもなる、大きな石碑が建てれれています。正面に元「栃木縣知事従四位勲三等 山縣三郎書」となる「幹線改良記念碑」の文字が刻されています。この碑は昭和十一年から昭和十五年にかけて行われた「県営用水幹線改良事業」の竣工記念碑になります。
しもつけの丘6.jpgしもつけの丘5.jpg
(美田東部用水の右岸に建つ石碑)    (石碑正面、元栃木県知事 山縣三郎による文字)
自転車は小山市小宅の集落を抜け、思川に架かる仮橋「小宅橋」を渡って、思川左岸の小山市飯塚の集落に入ります。
しもつけの丘7.jpgしもつけの丘8.jpg
(思川に架かる仮橋「小宅橋」遠望)         (小宅橋を東橋詰より)
飯塚は街の中央を南北に県道18号線が抜けています。この道はかっては「日光西街道(壬生通り)」と称し、小山市喜沢にて宇都宮を経由して日光に至る「日光街道」から分かれ、壬生を通って鹿沼市楡木にて「例幣使街道」と合流する街道です。国土地理院2万5千分の1「小金井」の地形図を眺めると、飯塚の集落は道路の両側に短冊状に町屋が形成されています。今も道路を壬生方向に走らせると、宿場町の趣を覗わせています。
しもつけの丘9.jpg
(現在の日光西街道・壬生通りの飯塚宿)
暫らく行くと「国指定 琵琶塚 摩利支天塚 古墳」の標識が道路上に見えて来ました。折角なので寄っみます。右折して脇道に入ると直ぐ正面に小丘を背にして鳥居が建っています。
しもつけの丘10.jpgしもつけの丘11.jpg
(琵琶塚・摩利支天塚古墳の標識) (摩利支天尊社の鳥居、後方の小丘が古墳)
右脇に「摩利支天尊」と刻した石柱があり、「史跡 摩利支天塚古墳」の説明板や「しもつけ風土記の丘案内図」などが建てれれています。
しもつけの丘12.jpgしもつけの丘13.jpg
(史跡説明板・摩利支天塚古墳)         (しもつけ風土記の丘案内図)
古墳の上に祀られている社殿に参拝をします。摩利支天塚古墳は説明板に依ると、≪隣接する琵琶塚古墳とともに県内で最大の規模を誇る大形の前方後円墳≫との事で、全長117m、前方部幅約75m、高さ約7m。後円部直径約70m、高さ10m。≪この古墳の築造年代は、5世紀末から6世紀初頭と推定されます。このような巨大な古墳の被葬者は、大和王権による支配体制の中で、下毛野国をはじめて統括した大首長であったとも考えられます。≫と説明されていました。
しもつけの丘14.jpgしもつけの丘15.jpg
(摩利支天塚古墳、前方部より後円部方向を望む)(後円部墳頂に祀られた摩利支天尊社)
続いて、北隣りに有る琵琶塚古墳にも登って見る事にしました。琵琶塚古墳も摩利支天塚古墳と同じ前方後円墳で、全長約123m、前方部幅約70m、高さ約9m。後円部直径約75m、高さ約11mと説明板に記されています。こちらの古墳には後円部の墳丘上に、小さな石の祠が祀られているだけでした。
しもつけの丘16.jpgしもつけの丘17.jpg
(史跡、琵琶塚古墳の説明板)     (琵琶塚古墳後円部墳頂に祀られた石の祠)
丁度墳丘周辺の発掘調査が行われていました。どのような結果に成るか、発表が待たれます。
しもつけの丘18.jpg
(国指定史跡琵琶塚古墳の東側面、左が前方部、右側が後円部)
古墳を後にして、下野市の国分寺を目指します。途中「天平の丘公園」「国分尼寺跡」を横目に、更に北に自転車を走らせます。道路は県道44号(栃木二宮線)に突き当たります。その道路の突き当たった先に真言宗豊山派の寺院「瑠璃光山安養院国分寺」が有ります。
しもつけの丘19.jpg
(瑠璃光山安養院国分寺、右手に本堂、正面奥薬師堂、火の見櫓の下が釈迦如来堂)
本堂前に「本堂会館建設経緯」を記した顕彰碑が建てられています。その冒頭に≪聖武天皇が国分寺建立の詔を発せられたのは、天平十三年(741)でありました。この詔勅によって建立された国分寺は「金光明四天王護国之寺」として僧20人がおかれてその地方の文化学問の中心をなしていたわけでございます。その後、建物の改修を重ね約三百年隆盛を極めましたが十一世紀には衰退期に入ったとされています。現在の瑠璃光山安養院国分寺がいつの頃建立されたか明確では有りませんが、先祖様が懸命に守ってきたお寺を私達の時代に潰してしまう訳にはいかないだろうと会合の都度総代相語らいその対応策を模索していました。 (後略)≫と記されています。今、立派になった本堂が建てられています。本堂に向かって左手方向に、これも立派な造りの薬師堂が建っています。
薬師堂の更に左手に、大きな五輪塔が三基並んでいます。これらの五輪塔は、下野市指定の文化財で、一説には聖武天皇、光明皇后、行基菩薩を祀ったものと云われます。
しもつけの丘20.jpgしもつけの丘21.jpg
(都賀三十三薬師、第20番札所)      (下野市指定文化財の五輪塔)
私はこの薬師堂を訪れるのは、4回目になります。最近では2013年10月12日です。栃木市教育委員会生涯学習課主催の「古代遺跡と薬師巡礼」と言う現地学習に参加した時です。国分寺は「都賀三十三薬師巡礼第20番札所」に成っています。
ここから後は交通量の少ない裏道を抜け壬生町を経由して栃木に戻りました。約28kmのサイクリングを楽しみました。

佐野市犬伏新町の米山薬師堂へ(真田父子 犬伏の別れの地) [堂々巡り]

今年に入り始まった、NHKテレビの大河ドラマ「真田丸」、これまで初回視聴率が19.9%、2話が20.1%と、好調な滑り出しを見せています。
私の子供の頃は、「真田十勇士」の猿飛佐助や霧隠才蔵そして三好清海入道の活躍する物語に夢中になった。ドラマもこれからどう展開していくか楽しみである。
私も昨年の夏、信州上田城に行って来ました。上田城は天正十一年(1583)三月頃、真田昌幸によって築城された。それまでの真田の本拠地は上田盆地の北東隅、盆地を見下ろす砥石城、天正十年頃までは麓の伊勢山に居住していました。
上田城は千曲川の断崖に面し、盆地の中央に位置し、小県全体を掌握するのに最良の場所だったと云われています。
上田城2.jpg上田城1.jpg
(崖の上に建つ西櫓)                  (南櫓、奥に櫓門と北櫓が続く)
築城当時は千曲川の流れが、この櫓の建つ崖の下(尼ヶ淵)を流れていたと言います。
上田城3.jpg上田城4.jpg
(北櫓と東虎口櫓門)            (城跡内真田神社前に祀られた真田赤備え兜)   
石垣や建物は後世の建築ですが、堀などは真田氏時代のものと云われています。建設当初の上田城の構造は良く分からないそうです。しかし地形を利用した堀で囲まれ、土塁によって守られる堅固名備えに造られたとされる。後の時代の何度かの改変によっても、基本的な構造はあまり変わっていないとされています。
又、「真田赤備え兜」は大阪夏の陣において武具を赤で統一した「真田赤備え」部隊を率いた真田幸村公がかぶった朱色で鹿角型の兜です。

そして、その真田氏ゆかりの地が、栃木市のお隣、佐野市に有りました。
慶長五年(1600)五月、徳川家康は命令に従わない会津の上杉景勝討伐の動員令を発しました。東国の多くの大名がこれに応じ、天下分け目の関ケ原の合戦を目前に控えた七月二十一日、真田昌幸、信幸(信之)、信繁(幸村)父子も、下野国犬伏(現在の佐野市)にて、家康の嫡子秀忠軍に合流しました。
そこで陣を張っていた真田昌幸の元に石田三成の密書が届き、豊臣方に味方するよう書かれていました。
昌幸は驚き、急いで陣所に信幸と信繁を呼んで対応を協議しました。
父子三人の密談により、昌幸と信繁は豊臣方(西軍)に、長男信幸は徳川方(東軍)に付くことになりました。信幸は早くから家康の臣下に入って、家康の重臣本多忠勝の娘を妻に迎えていました。父子が分かれるという選択はやむおえなかった。そして、東西のどちらが勝っても、真田の家名が存続する手段として決断したともされています。
真田父子が分かれて戦う事を決断した所とされるのが、佐野市犬伏新町に残る薬師堂です。この薬師堂は旧日光例幣使街道の犬伏宿の東端に有る「米山古墳」の中腹にに有ります。
私がこの薬師堂を訪れたのは2014年9月11日、足利から岩舟間の例幣使街道を歩いた時でした。佐野の天明宿から犬伏宿に入り街道を東に進むと、街道の正面にこんもりとした小丘が近づいて来ます。
米山薬師堂2.jpg
(佐野市犬伏を東西に抜ける旧日光例幣使街道より東方の米山古墳を望む)
国土地理院発行2万5千分1の「佐野」の地形図にこの小丘上に三角点記号が有り、標高61.4mと記されています。裾野の標高が約30m有りますから、比高は30m程になります。
旧日光例幣使街道は、この薬師堂の前まで来ると山を迂回するように北側を回り込んで、関川町から三毳山の北麓を抜け、岩船山の南を通って次の富田宿へと向かいます。

山の西麓、街道の突き当りに有る石段を登り薬師堂の前へ。
米山薬師堂1.jpg
(米山薬師堂)
石段の左手、境内に「史跡 米山古墳」と刻した石柱が建てられています。説明板によるとここ「米山古墳」は栃木県指定史跡となっています。元々あった丘陵を利用し築造したもので、採土の必要が無かったためか、周囲に濠跡が無い。等の説明が記されています。
又、薬師堂の前に立てられた案内板に、「真田父子 犬伏の別れ」の地と題して先に記したような真田父子の話し合いの場がこの薬師堂であったと云われている。と記されています。
米山薬師堂3.jpg
(犬伏新町町会により薬師堂前に立てられた、「真田父子 犬伏の別れ」の地の案内板)
この後昌幸と信繁(幸村)は急遽沼田経由で上田に向かいます。
一方犬伏に留まった信幸は事態を家康に報告します。徳川家康は書状を信幸に送り、その忠義を褒めた上で、沼田領の他に昌幸の上田領も与える、と約束をしたと伝えられます。
関ケ原合戦の後、上田城は破却されましたが、小県の領地は約束通り信幸に与えられています。

NHK大河ドラマ「真田丸」のこれからの展開の中で、この犬伏の父子別れのシーンが見られるかと、又楽しみが増えました。

参考資料:週刊上田新聞社発行の「疾風六文銭 真田三代と信州上田」





栃木市内の霊場巡り [堂々巡り]

栃木市内の寺院がかかわる霊場を見ると、「栃木市史民族編」に「札所」として出てくる、坂東17番札所の「出流山満願寺」をはじめとして、下野三十三ヶ所霊場や都賀三十三ヶ所霊場、佐野坂東三十三ヶ所霊場が有ります。
◎坂東三十三ヶ所霊場
第17番:出流山満願寺 本尊 千手観世音(出流観世音) 出流町
      ※本堂(大御堂)は県指定文化財。山門は市指定文化財
出流観音3.jpg出流観音1.jpg出流観音2.jpg
(満願寺大御堂)           (奥之院)            (奥之院内の鍾乳石)

◎下野三十三ヶ所霊場となっているのは、以下の6ヶ寺になります。
第22番:華厳寺(廃寺) 本尊 十一面観世音、都賀町木村
      ※納経所:都賀町原宿の玉塔院
つがの里1.jpg華厳寺観音堂1.jpg
(昔、華厳寺が有った「つがの里」)           (華厳寺観音堂)
第23番:善応寺(廃寺) 本尊 聖観世音(伊吹観世音)
      ※納経所:吹上町の観音堂(地元管理)
伊吹観音堂2.jpg伊吹観音堂1.jpg
(赤津川右岸の伊吹観音堂)
第24番:近龍寺 本尊 聖観世音 万町
       ※宝永元年創建の観音堂は、三仏堂として建て替えられています。
        本堂は市指定文化財となっています。
近龍寺1.jpg近龍寺2.jpg
(近龍寺本堂)               (近龍寺三仏堂)
第25番:如意輪寺 本尊 如意輪観世音 大平町富田
如意輪寺(富田)1.jpg如意輪寺(富田)2.jpg
(如意輪寺山門)                       (如意輪寺薬師堂)
第26番:清水寺 本尊 千手観世音 大平町西山田
清水寺観音堂1.jpg清水寺観音堂2.jpg
(清水寺観音堂)               (境内は蠟梅や紅葉など四季を通じて華やか)
第29番:出流山満願寺 本尊 千手観世音(出流観世音) 出流町

◎都賀三十三ヶ所(観音)霊場の場合、第25番札所「称念寺」だけが、栃木市外(小山市小薬)となりますが、それ以外は全て栃木市内となります。
第 1番:近龍寺 聖観世音 (万町) 
第 2番:定願寺 聖観世音 (旭町)
      ※御成門彫刻及び成就院不動堂の扉の彫刻は市指定文化財。
定願寺1.jpg定願寺2.jpg
(定願寺本堂)                (境内に建つ成就院不動堂)
第 3番:東泉寺 正観音 (沼和田町)
       ※堂は明和年間の創建で、市指定文化財となっています。
東泉寺1.jpg
(東泉寺観音堂)
第 4番:正龍院流本寺(廃寺) 阿弥陀如来  仮、悪五郎堂 (箱森町)
第 5番:泉光院 十一面観世音 (泉川町)
泉光寺1.jpg
(泉光院本堂、 左手前の屋根が観音堂)
第 6番:千手院 千手観世音 (皆川城内町)
千手院観音堂1.jpg
(千手院観音堂、後方の山が皆川城址公園)
第 7番:吉祥院 正観音 (岩舟町小野寺 田代)
第 8番:小野寺山大慈寺 十一面観世音 (岩舟町小野寺)
      ※相輪橖は県指定文化財、慈覚大師堂は市指定文化財。
大慈寺1.jpg大慈寺観音堂1.jpg
(大慈寺本堂、右後方が慈覚大師堂)  (奥之院へ向かう途中に建つ観音堂)
第 9番:常光寺(廃寺) 延命観世音 (岩舟町小野寺) 仮堂
第10番:永照山宝積院中田寺 千手観世音 (岩舟町小野寺 小名路)
第11番:実相院(廃寺) 馬頭観世音 (岩舟町上岡)
       ※跡地に慈覚大師、御母公墓有り。 栃木市指定史跡
実相院跡1.jpg実相院跡2.jpg
(実相院跡に建てられた慈覚大師御母公の墓)
第12番:成就院 十一面観世音 (岩舟町三谷)
成就院1.jpg成就院2.jpg
(梅花山成就院山門)
第13番:自性院(廃寺) 千手観世音 (岩舟町新里)
第14番:岩船山高勝寺 (岩舟町静)
      ※三重塔、山門、鐘楼は県指定文化財、西院の河原堂は市指定文化財。
岩船山1.jpg高勝寺1.jpg
(高勝寺が山頂に建つ岩船山)         (県指定文化財の一つ三重塔)
第15番:大蔵院(廃寺) (岩舟町鷲ノ巣)
第16番:東光寺 (岩舟町静和古橋)  ※專光寺 (岩舟町和泉鶴巻)とも言われている。
      付記しているご詠歌の内容を確認すると、鶴巻の寺と詠まれている。
        <ありがたや ちかいもつきぬ観世音 よろづの宝つるまきの寺>
第17番:宝泉寺観音堂 (岩舟町和泉)
第18番:如意輪寺 (大平町富田)
第19番:清水寺 十一面千手観世音 (大平町西山田) 本尊は県指定文化財
第20番:観音寺 (大平町下皆川)
第21番:観正寺 正観音 (大平町下高島)
第22番:観音寺 (大平町横堀)
第23番:慈眼寺(廃寺) (大平町牛久) ※観音像は牛来寺に祀られている。
第24番:寶明山萬福寺 馬頭観音 (高谷町)
第26番:日輪山成就院(大日堂) 大日如来 (藤田町)
第27番:真勝坊慈眼寺 聖観世音 (城内町2丁目)
第28番:善応寺 聖観世音 (吹上町) 伊吹観音堂
第29番:東善光寺 阿弥陀如来 (木野地町)
      ※木造金剛力士像は市指定文化財。
第30番:華厳寺 千手観音(焼失) (都賀町木) 跡地は栃木市指定史跡
      ※観音堂は市指定文化財。
第31番:光永寺 (都賀町富張)
第32番:青林山東安寺 千手観音 (西方町元)
第33番:長徳寺 聖観世音 (西方町本城)
      ※聖観音立像は市指定文化財

◎佐野坂東三十三ヶ所霊場
第 5番:施無畏山東光寺 (岩舟町古江)
東光寺(古江)1.jpg東光寺(古江)2.jpg
(東光寺本堂)               (本堂から少し離れた高台に建つ観音堂)
第 6番:医王山清水寺 (岩舟町下岡)
清水寺(下岡)2.jpg清水寺(下岡)1.jpg
(後方の山の中腹に清水寺観音堂は建っています。)
第 7番:櫁川山浄光寺 (岩舟町小野寺)
第 8番:神明山正覚寺 (岩舟町畳岡)
第 9番:明星山不動院 (岩舟町下津原)
明星山1.jpg明星山2.jpg
(三毳山の東麓木立の中にひっそりと建つ観音堂)
第33番:出流山千手院 (出流町)

この様に霊場巡りとしては、観世音菩薩をお参りするものが知名度が高いと思われます。最近では元気な高齢者が多くなった事で、「ぼけ封じ関東三十三観音霊場」と言うものも見られます。栃木市内に有る札所は。
第20番:高岡山宝幢院高平寺 (岩舟町下津原)
高平寺1.jpg高平寺2.jpg
(三毳山東麓の高平寺)            (寺院裏手墓地の上部に建つ観音像)
第26番:東醍醐山乗琳院如意輪寺 (大宮町)
如意輪寺(大宮)1.jpg如意輪寺(大宮)2.jpg
(西陽を受ける如意輪寺山門)        (境内観音堂前に立つ観音像)

又、関東地方一帯に広がる、弘法大師巡礼地として、「関東八十八箇所」が1995年に開創されています。
第18番:長清寺 大日如来  (本町)
長清寺1.jpg長清寺2.jpg
(長清寺山門)                 (長清寺本堂)
第19番:如意輪寺 大日如来 (大平町富田)

他には、「北関東三十六不動尊霊場」が有ります。
第14番:如意山吉祥院延命寺 身代り不動尊 (大平町西水代)
延命寺(西水代)1.jpg延命寺(西水代)2.jpg
(西水代延命寺山門)           
第15番:光明山金智院正仙寺 吹上不動 (吹上町)
正仙寺1.jpg正仙寺2.jpg
(吹上町の正仙寺本堂)
第16番:梅沢山金蔵院華蔵寺 梅沢不動 (梅沢町)
華蔵寺1.jpg華蔵寺2.jpg
(梅沢町の華蔵寺本堂)          (華蔵寺の参道入口前より北、三峰山を望む)

それから、栃木市周辺の薬師堂を巡る、「都賀三十三薬師如来」が見られます。これは先の「都賀三十三観音霊場」と共に江戸時代中期以降、この地方に住む人達の心の支えとして信仰されて来たものと考えられ、今も地元の人達の手によって守り伝えられています。
この都賀三十三観音および薬師霊場の分布を地図上にプロットしてみました。残念ながら現在所在が分からなくなっている物も有りましたが、大部分が今もひっそりと残されています。
都賀三十三観音&薬師分布図.jpg
(都賀三十三観音及び薬師の霊場分布図)
※赤の点と数字が観音霊場の位置と順路、黒の点と数字が薬師霊場の位置と順路です。

◎都賀三十三薬師如来順路
都賀三十三薬師参拝順路.jpg
(下野市国分寺の第20番薬師霊場となる、国分寺薬師堂に掲げられている扁額)
第 1番:威徳院 (梅沢町)
第 2番:普門院 (鍋山町) 
       ※昭文社発行「栃木市」の地図には「薬師寺」として記されています。
第 3番:善入坊 (大久保町)
第 4番:平等院 (千塚町)
第 5番:専福寺 (吹上町)
第 6番:龍善寺 (川原田町)
第 7番:恵性院 (川原田町) ※所在不明
第 8番:蓮池院 (旭町) ※現在の第二公園南西部付近に有った。
第 9番:圓通寺 (城内町2丁目)
第10番:持主院 (仲仕上町)
第11番:牛来寺 (大平町牛久)
第15番:長福寺 (寄居町)
第16番:西入坊 (田村町)
第17番:重兵衛 (惣社町金井)
第18番:六郎兵衛 (惣社町内匠屋)
第26番:華蔵院 (大塚町) ※荒痛薬師
第27番:尊照院 (都賀町家中 桜本)
第28番:光明寺 (都賀町家中 宿)
第29番:寶蔵院 (都賀町家中 本郷)
第31番:長福寺 (都賀町富張) ※薬師堂の前に樹齢200年以上となる枝垂れ桜が見事。
第32番:円満寺 (都賀町真名子)
第33番:市兵衛 (都賀町深沢)
栃木市以外は小山市西北部(3)、下野市西部(2)、壬生町西部(4)、鹿沼市南部(2)に分布をしています。
これらの霊場に関しては、2014年10月10日より5回に分けて堂々巡りとして紹介をしました。

丸山観音堂 [堂々巡り]

今日、小山市に用が有って出かけましたが、思川の大光寺橋を渡り、花見ケ丘を回って行きました。
小金井街道(県道44号線)を走るのは久しぶりです。瓦葺の重厚な校舎国府南小を過ぎると、田村町に入ります。前方に背の高い銀杏の木が迫ってきます。すでに黄葉も終わって、多くが落葉しています。
道路脇に、栃木市ふれあいバスの停留所が有り、「ぎんなん山」と表示されています。この大銀杏は星宮神社の境内に有り、小金井街道の一つのシンボルの様な存在です。
丸山観音堂7.jpg丸山観音堂6.jpg
(田村町の星宮神社の大銀杏と石の鳥居)
この大銀杏の場所から、道路を跨いだ南側の小高い小丘の上に小さな堂宇が一つ建っています。
丸山観音堂1.jpg
(星宮神社から丸山観音堂を望む)
丸山観音堂2.jpg
(南側より道路左手、丸山観音堂を望む。右奥の大銀杏が星宮神社となる。)
一間半四面宝形型向拝付の瓦葺の屋根を載せています。堂宇の正面は南東方向を向いて、正面入口の上に「丸山聖観世音菩薩」と記した扁額が掲げられています。
丸山観音堂3.jpg丸山観音堂4.jpg
(小さいながら均整の有る丸山観音堂と正面に掲げられた扁額)
観音堂が建つのは、丸山古墳と言う墳丘の上です。ここから更に東に進むと大光寺町に入り、思川に架かる橋を渡ると、下野市に成ります。
この思川を渡った、思川の左岸には、小山市喜沢にて日光街道から分かれ、壬生から鹿沼を通って日光に至る、日光西街道(県道18号線)が通っていますが、その街道の道筋に数えきれないほど多くの古墳が分布しています。
その中には国指定史跡になっている「摩利支天塚古墳」や「琵琶塚古墳」「吾妻古墳」などの大きな前方後円墳のほか、円墳など大小さまざまな古墳が確認をされています。
それに対して、思川の右岸はこの丸山古墳の他、1、2ヶ所しか確認されていないのです。
観音堂が墳丘上に建つ丸山古墳は円墳で規模は墳丘の径が約32m、高さは約2.5mに成ります。
尚、先ほどの北側にある星宮神社の境内には、古墳の石室の一部に使われたと伝えられる方形の凝灰岩の巨石が無造作に置かれています。
丸山観音堂5.jpg
(星宮神社の境内の東の端に有る巨石)
このような大きな石を誰がどのような経緯でここに運んで来たのか謎ですが、東武宇都宮線野州大塚駅の南西方向約0.8kmの場所に有る「岩屋古墳」の物と云われてます。岩屋古墳の玄室は、同様の凝灰岩の大きな一枚岩を組み合わせた横穴式石室となっています。が、岩屋古墳は、ここ丸山古墳からは北西方向に直線距離にて2.3kmも離れています。
この謎を解くのも楽しいかもしれません。
※写真は全て、2013年10月11日に撮影をしたものです。

葛飾北斎描くところの「足利行道山くものかけはし」 [堂々巡り]

今回は、葛飾北斎の「諸国名橋奇覧」に出てくる、足利市の行道山淨因寺を訪ねました。
「諸国名橋奇覧」は、全国の珍しい橋を画題とした全11図の名所絵揃物。大判錦絵で、天保4~5年(1833年~1834年)。版元・西村屋与八。ボストン美術館蔵。
作品を見ると画面右半分に雲海の上にそびえ立つ岩山。下に山門が見え中腹岩肌の中に、に寺の本堂等と思しき堂宇。画面中央に雲海から突き出した一塊の岩山、その断崖上に茶室「清心亭」。清心亭と本堂との断崖の間を繋ぐ「天高橋」。この光景を頭に浮かべ現地に向かいました。
国道293号から脇道に入り、北関東自動車道足利インターチェンジの南側を西に進み、山裾を南北に走る県道284号線を北に行く。途中のY字路で県道と別れ左手の細い道を北に走ると、行道山淨因寺まで約2kmと道路標識に出ている。スピードを落として登り坂となった細い道を先に進む。途中道の脇に上に観音像の附いた石柱が建てられています。正面に「観世音菩薩尊像 三萬三千體安置 行道山」の文字が刻されています。
行道山1.jpg行道山2.jpg
暫らく行くと道路脇に比較的新しい公衆トイレが有り、前に数台の駐車スペースが有ります。私はここに車を停めて、寺に向かうことにしました。その先は寺の境内を示す、一本の石柱が建てられています。「名勝行道山淨因寺境内」と刻されています。
行道山3.jpg行道山4.jpg
又、駐車スペースの脇に小さい堂宇が細い橋の架けられた先の大きな岩の上に建っています。脇に建つ案内板に「行道山 澤菅 弁財天 淨因寺」と記されていました。
行道山6.jpg行道山5.jpg
晩秋の日没は早く、まして山間の事、直ぐ太陽が山の陰に隠れてはと、先を急ぐことに。途中の舗装された道路が濡れていて滑りやすくなっています。道路の先に沢水が落ちていて、道路を濡らしている事が分かりました。道路脇の岩から滝の様に水が落ちています。
行道山8.jpg行道山7.jpg
背の高い杉木立の中の道は、結構勾配がきつく、歩いていても胸が苦しくなる感じで、休み休み登ります。500m程登った所に広く整備された駐車場が現れました。ここまで車で来られたのでした。
行道山9.jpg行道山10.jpg
ここからは石段を登るようです。石段の左側に山の上に向かって鉄製のレールの様なものが伸びています。「行道山くものかけはし」モノレールとなっています。残念ながら動いていません。
行道山11.jpg行道山12.jpg
石段をせっせと登る事にします。石段脇の山肌には大小多くの石仏や庚申塔が建っています。
行道山13.jpg行道山14.jpg
石段の先に「行道山」の扁額を掲げた山門が見えて来ました。
行道山15.jpg行道山16.jpg
ここまで来ると石段も山門の屋根も沢山の落葉で埋もれています。
行道山17.jpg行道山18.jpg
又一つ山門を過ぎると本堂の前に出て来ました。本堂の裏山の上の木立はまだ太陽の光が当たっていますが、境内はすでに山の陰に入ってしまった様です。
行道山20.jpg行道山21.jpg
境内左手奥に、葛飾北斎の描いた「くものかけはし」の光景を覗わせる風景が有りました。
岩山の上にせり出すように建つ「清心亭」と思しき建物。岩山に渡す橋が架けられている。現在は鋼製に成っているが、かっては北斎の錦絵の如き木橋が渡されていたのでしょうか。
行道山22.jpg行道山23.jpg
橋が架けられた岩山の周辺は落石の危険が有る為か、柵やフェンスで囲われて、少し興ざめですが、参拝者等の安全の為、講じられたもので、残念ですがこれも仕方がないものと考えます。
本堂の右手庫裏の裏手に、熊野社の堂宇が有り、そこから先に奥之院への山道が続いていますが、岩山を登って行くような、足元が危うい感じになったので、先に行く事は断念した。
行道山24.jpg
昭和60年9月に㈶足利市民文化財団と足利市教育委員会によって建てられた「行道山淨因寺」の説明板によると、≪行道山は今から約1,200年前、和銅年間に行基上人により開かれたと伝えられる。その後、法徳禅師が禅寺とし、室町時代には学問の道場として修行僧が多く集い”関東の高野山”と呼ばれた。元和9年(1623)には雷火のため堂塔が焼失したが、幕府から寺領20石の朱印をうけ、往時の寺勢をもりかえした。当時のおもかげは、木版刷の文献などによってうかがい知ることができる。
山頂に近い「奥の院」には寝釈迦(石仏)を中心に多くの石仏(49院)や石塔が周囲をとりまいている。ここは行基上人が分骨入定された聖地である。≫と記され境内堂宇の配置図が描かれています。
行道山19.jpg
寝釈迦を見る事が出来ませんでしたが、北斎描くところの「くものかけはし」の錦絵の世界に暫し思いを巡らすことが出来ました。
現在、この地は「関東ふれあいの道」の「山なみのみち」(行道山から名草巨石群)と、「歴史のまちを望むみち」(行道山から織姫人神社)の中継点にも成っていて、多くのハイカーも訪れています。
行道山25.jpg行道山26.jpg
今回、紅葉の時期に合わせて訪れましたが、最近の降雨の影響なのか、すでに落葉に成っていたようです。又、この地は出来れば午前中に訪れるのが良かったのかも知れないと思いました。落葉に足を取られないように気を付けて、車を停めた場所まで戻りました。



来年の干支は申 [堂々巡り]

速いもので今年も後、残り1ヶ月余りと成りました。来年の干支は申。来年の事を言うと鬼が笑うと言いますが、そろそろ解禁でしょう。どこのスーパーマーケットやコンビニ店でも今、来年の年賀状印刷の受け付けも始まっていますから。
という事で今回は一寸した猿の話題です。
タイ王国、バンコクから北に130km程の所に「ロッブリー」と言う名の県が有ります。日本で良く知られる世界遺産の有る「アユタヤ」県の北隣りに位置しています。17世紀のアユタヤ王朝ナーラーイ王の時、オランダの侵攻を恐れた王は、このロッブリーに第二の都市(副都)を築き、すぐにでも遷都出来る様にしました。
この町に、300匹以上の猿が住み着いている寺院が有ります。「サーン・プラカーン」と言い、ロッブリー駅の直ぐ北側に建っています。
私は5年前の正月休み(1月2日)ロッブリーに旅しました。バンコクのフワランポーン駅(バンコク中央駅)からタイ国有鉄道北本線の列車に乗り出かけました。
ロッブリーへの旅0.jpgロッブリーへの旅1.jpg
(フワランポーン駅正面)                 (ロッブリーへの列車のチケット)
約3時間列車での一人旅、周りのタイの人達と会話する事も出来ずひたすら車窓から外の景色を眺めていました。
ロッブリーへの旅3.jpgロッブリーへの旅2.jpg
(車窓から見た仏塔)            (途中の駅で私の横に座っていた僧侶が下車)
ロッブリー駅に着くと、タイ国の中でも長い歴史を持つ町は駅の向かいに、「ワット・プラ・シー・ラッタナ・マハタート」と言うロッブリーで最も高い仏塔の有る寺院が迎えてくれます。
ロッブリーへの旅5.jpgロッブリーへの旅6.jpg
(ロッブリーの駅舎)                       (駅の向かいに建つ寺院遺跡)
「ワット・プラ・シー・ラッタナ・マハタート」と言う名前の寺院はタイ国内に数か所確認できますが、「ワット・マハタート」はタイ語の単語で、仏塔の有る仏教寺院のうち、マハタート(大いなる物質、つまり仏舎利・貴人の遺骨)の有る寺院。有名な物はアユタヤに有る木の根で覆われた仏頭が有る遺跡として有名。
このロッブリーの遺跡の歴史は古く、12世紀クメール時代に最初の仏塔が建てられました。その後数回にわたり増築、改築を行い色々な時代の仏塔が混在しています。
ロッブリーへの旅9.jpgロッブリーへの旅7.jpg
(広々としたワット・プラ・シー・ラッタナ・マハタート)
次に鉄道の線路沿いを北に少し行くと、線路脇に目的の寺院「サーン・プラカーン」が建っています。噂通り周辺には多くの猿が、餌を物色したり動きまわっています。我物顔で道路や鉄道線路にもたむろしています。
猿5.jpg猿1.jpg
(いたる所に猿の群れが)
猿の動きが気に成って、ゆっくる写真撮影も出来ず、すぐに線路の向かいに有る遺跡に移動しました。
こちらの寺院は13世紀クメール時代に建てられた、仏塔が3つ並んでいる「「プラ・プラーン・サーム・ヨート」です。
ロッブリーへの旅11.jpgロッブリーへの旅12.jpg
(町の中に建つ13世紀のクメール遺跡)
こちらの遺跡の周辺にも多くの猿がいます。この遺跡は内部に入る事が出来、内側から窓の鉄格子越しに猿を見る事が出来ますが、人間が檻の中にいて、猿の方から観察されている錯覚もします。
猿4.jpg猿6.jpg
(遺跡の窓にはめられた鉄格子の外にたむろする猿達)
街中のレストランで食事をしましたが、店頭にも猿の街らしく、ひょうきんな猿の置物が迎えていました。
猿2.jpg猿3.jpg
(ロッブリー街中のレストランで迎えてくれる猿の置物)
帰路もロッブリーの駅から列車でバンコクに戻りました。ロッブリー駅のホーム端に置かれた大きな黄金色の猿が見送ってくれました。
ロッブリーへの旅4.jpgロッブリーへの旅8.jpg
(ロッブリー駅到着時に購入した復路のチケット)  (ホームで見送ってくれる黄金色の猿)
ロッブリーは遺跡と猿の町でした。この町では毎年11月の最後の日曜日にロッブリー駅前にて「猿祭り」が開けれるそうです。
尚、ロッブリーは遺跡や猿の他に、ひまわり畑が有名です。日本ではひまわりの花は暑い夏の花ですが、タイでは11月中旬から12月に咲きます。ロッブリーの郊外には一面のひまわり畑が広がり、毎年12月頃には「ひまわり祭」も行われます。
ヒマワリ畑1.jpgヒマワリ畑2.jpg
来年、良い年でありますように。 これは少しまだ早いかな!

西方町の薬師堂 [堂々巡り]

久しぶりに市内の堂宇を巡りたいと思います。今回は栃木市西方町の薬師堂です。
旧西方町(現栃木市)発行の「西方町の民族」を見ると、薬師堂についての記事が有ります。そこには西方町に有る薬師堂の名前が、四カ所載っています。
最初に今井の今宿薬師堂です。ここのご本尊は鉄造りの薬師如来座像で、国の指定重要文化財となっています。像の高さは89.7cm 鎌倉時代に造られた極めて優れた鉄仏になります。背面に建治三年(1277)十二月十八日の年紀が有りますが、作者は不明です。そのような貴重な仏像を収納している堂宇の為に、火災や盗難から守れるよう、昭和39年1月29日に竣功したお堂で、二間四面宝形造りで正面の扉は鋼鉄で作られまるで大型金庫の扉のようです。
金井薬師堂1.jpg金井薬師堂2.jpg
この薬師堂については昨年(2014年)10月3日のブログで「市内寺院堂々巡り(第9回)」で書いています。その時は知らなかったのですが、先の本の中に≪古くはここに真言宗東安寺派の末寺である「薬王院」が有って薬師堂を守っていた。明治41年に東安寺に合寺され、院の跡には「原・薬師堂集落センターた。≫と有りました。
次が、本郷の梅南薬師堂です。こちらの薬師堂についても、今年(2015年)8月26日にブログ「西方町本郷下宿の薬師堂」に書いています。その時もまだこの「西方町の民族」本を入手していませんでしたので、堂宇の情報を持っていませんでした。
下宿薬師堂1.jpg
≪本郷の薬師堂が建てられたのは安永八己亥年(1779)である。薬師堂の隣りに建っている地蔵堂の棟上には、薬師堂が建てられた時の棟札が有って、・・・・・・(中略)・・・・・お堂本体の文化財的な価値は高いと思われる。現在は、残念ながら御本尊が失われていて十二神将だけが遺されている。≫との説明文が載っています。
三番目は、元の古宿薬師堂です。私が初めてこの薬師堂を確認したのは2013年11月19日に成ります。堂宇の南側に稲荷神社が祀られています。この薬師堂も二間四面宝形造りですが、周囲は金属製のサイディングで覆われ、正面の扉も金属製で窓も有りません。
古宿薬師堂1.jpg古宿薬師堂2.jpg
≪厳重な戸締りがなされていて、江戸時代後期の作といわれるご本尊はお祭りの時にしか拝顔できないようになっている。≫と説明が載っています。
最後は、本城の大沢田薬師堂です。私はまだこのお堂の所在地を確認していませんが、先の本には≪大沢田の薬師堂には礼拝窓があって、薄暗い堂内ではあるが御尊顔が拝されるようになっており、厨子の造りにも歴史が感じられる≫と説明が載っています。今度是非参拝したいと思います。
他に西方町真名子に有る「円満寺」にも薬師堂が有ります。こちらの薬師堂は都賀三十三薬師霊場の三十二番札所に成っていました。こちらは昨年(2014年)10月24日堂々巡り25回で紹介をしました。
像の高さ約36cmの木造薬師如来座像です。
円満寺薬師堂1.jpg
(正面石段の上が円満寺本堂、薬師堂は写真左隅に見えます。)

西方町本郷下宿の薬師堂 [堂々巡り]

今回は栃木市西方町本郷に有る、下宿薬師堂を巡ります。
西方町本郷は東隣りに県道3号線(宇都宮亀和田栃木線・金井家中バイパス)が通る西方町金井。西隣りは東北自動車道が通る都賀町富張。北側に国道293号線が通る西方町元。南に北関東自動車道が通る都賀町原宿が隣接しています。本郷自体にも北から南に県道177号線(上久我都賀栃木線)が通っています。
下宿薬師堂はこの県道177号線の西側を、ほぼ並行してしている旧道沿いに建てられています。
下宿薬師堂1.jpg下宿薬師堂2.jpg
西方町史の中「第五章村社会と百姓の暮らし」に、天保八年(1788)の下宿村絵図を見る事が出来ます。
西方町本郷は明治九年に、深見内・田谷・下宿の三か村と、この三か村に分散して存在した菅原新田が合併して本郷村となったものです。
下宿村の絵図を見ると薬師堂はほぼ中央に当たります。薬師堂の北隣りには一回り小さい地蔵堂も並んで建っています。現在もそのままの状態で見る事が出来ます。
下宿薬師堂3.jpg
この堂宇の前を北から南に抜ける道に、絵図には「粟野より栃木町江大道」と記されています。更に絵図には薬師堂の裏手方向に「照明院」や下宿村の「名主政右衛門」「高札」なども記されています。
現在は照明院は有りませんが、跡地と思わしき所に「菅原神社」が祀られ、西隣に「下宿公民館」も建てられています。又周辺には立派な門構えの家屋を見る事が出来ます。
薬師堂は東向き二間四面宝形造りです。
下宿薬師堂5.jpg下宿薬師堂4.jpg
(2014年3月22日に訪れた時、薬師堂の脇に梅の花が咲いていました。)
下宿薬師堂6.jpg
集落の周囲は現在も水田が広がる長閑な田園地帯です。
前の10件 | - 堂々巡り ブログトップ