So-net無料ブログ作成

栃木市大町、鬼瓦見て歩き [歩く]

今回の鬼瓦見て歩きは、栃木市大町(だいちょう)を回ってみました。
町名にふりがなを付記しましたが、地元の人は当たり前に読める地名・町名も、他所から来られた方などは、何と読むのか分からないものです。この町名も時々「おおまち公民館」はどこに有りますかと尋ねられて、こちらが頭を傾げてしまう事も有ります。
この町は、国の「重要建造物群保存地区」の選定を受けている嘉右衛門町の北隣に位置し、街の中心を「旧日光例幣使街道」が縦貫しており、その街道筋を中心に発展してきた町で、現在も街道沿いには土蔵造りや石蔵などを見る事が出来ます。
まず、国登録有形文化財に指定されている「大島肥料店店舗」を見に行きます。
建物の前に栃木市教育委員会が記した建物の説明板が建てられています。
大島肥料店1.jpg大島肥料店2.jpg
(国登録有形文化財と成っている、大島肥料店の見世蔵)(店舗前に建つ説明板)
街道に面した見世蔵(店舗)部分は修復工事が行われ、屋根の瓦も葺きかえられて、新しくなっています。
鬼瓦には家紋や屋号紋は付いていませんでした。明治40年10月1日に発行された「栃木県営業便覧」を見ると、栃木町の大丁に「各種肥料 食塩石油商 大嶋元平」の名前が見えます。そこに縦長の二等辺三角形の中央部に横棒を一本付けた屋号紋が記されています。その屋号紋を探して見ると、下屋部両サイドの降り棟の庇の先まで降りた先端部の軒丸瓦に付いていました。又、見世蔵の裏手に建つ土蔵の鬼瓦や棟巴などにも同様の屋号紋が確認出来ました。
大島肥料店4.jpg大島肥料店3.jpg
(大島肥料店の屋号紋が付けられた「棟巴」や「鬼瓦」)
先の「栃木県営業便覧」の中に、この屋号紋を使う別の店舗が万町の現在の「とちぎ山車会館」近く有った、海陸産肥料商の店舗に認められました。

大島肥料店前から例幣使街道を北方向に歩いて行くと、道路の先に立派な見世蔵が現れます。営業便覧に記されている「醤油製造 猪瀬辨藏」さんの見世蔵ですが、屋号紋は記されていません。この見世蔵は置屋根形式と言うもので、栃木の大通り周辺には見られない形という事です。残念ながら鬼が有らに屋号紋は確認できませんでした。
この猪瀬邸の前で、道路は分岐しています。分岐点に「日光例幣使街道」と刻した道標が建てられて、右方向「日光道」、左方向「足尾道」と記されています。
猪瀬家1.jpg猪瀬家21.jpg
(例幣使街道突き当りに建つ猪瀬家の見世蔵)      (分岐点に建つ道標)

分岐の手前左手に「大町郵便局」その向かい、道路の右手(東側)に立派な土蔵が有り、鬼瓦に「ヤマガタに大」の屋号紋」が付いていました。
大出邸1.jpg大出邸2.jpg
(鬼瓦に「ヤマガタに大」の屋号紋を付けた土蔵)
更に分岐の手前に小さい交差点が有ります。東に折れると、「大町公民館」の建つ大杉神社前に出ます。先の営業便覧には、その交差点から西に向かう道には「箱森道中」と記されていますが、この道路を入った裏通りに立派な石蔵や土蔵が建っています。それらの屋根の鬼瓦には「ヤマガタに本」の屋号紋が確認出来ます。この屋号紋、営業便覧にも記載されている「油製造米穀商」のものです。
橋本油店1.jpg橋本油店2.jpg
(裏通りに面して建つ石蔵やその東側に建つ土蔵の鬼瓦に見る「ヤマガタに本」の屋号紋)
又、例幣使街道の西側の裏通りを歩いていると、街道に面した店舗の裏手に建つ土蔵や石蔵を見る事が出来ます。
川島邸1.jpg川島邸2.jpg
(裏通りに面した立派な石蔵の鬼瓦に付けられた、「カネジャクにト」の屋号紋)

他に大町地内を巡り、確認出来た屋号紋等を付けた鬼瓦を以下に紹介いたします。
大塚邸1.jpg早乙女邸1.jpg


栃木市内で見た、チョッと変わった鬼瓦 [建物]

栃木市内をウォーキングしながら、鬼瓦を見て楽しんでいる事は先日書かせて頂きました。
今回はその中で「へぇー、こんな鬼瓦も有るんだ!」と感心したものが有りましたので紹介します。
何処で見つけたかは秘密です。探してみて下さい。
縁起物鬼瓦1.jpg
(米俵の上に載る大国様の像が鬼瓦に収まっています。泉町にて)
大国様は七福神の一柱として知られ、食物・財福を司どる神様です。縁起物として屋根の上に祀ったものでしょう。
同じ大国様の鬼瓦を、新井町を歩いている時に発見しました。
縁起物鬼瓦2.jpg
(大国様の姿を鬼瓦と一体化させたデザイン、新井町にて)

縁起物鬼瓦3.jpg
(鬼瓦が鍾馗様の像に成っている。嘉右衛門町にて)
こちらの屋根に載っているのは「鍾馗さま」の像と思われます。このような鬼瓦も栃木市内では他にまだ見た事が有りません。
調べてみると、京都ではこの「鍾馗様」の像を屋根や庇に建ってている町屋が多いと言います。
鍾馗様は、中国の唐の時代に皇帝の夢の中で鬼を退治したと言う神様。
お寺にはよく立派な鬼面の鬼瓦が載っていますが、お寺の周辺の家ではそんな鬼瓦に対抗して、にらみかえす「お寺鍾馗」と呼ばれる鍾馗様の像を屋根の上や庇に置いたそうです。他に、鬼は直進しか出来ないという言い伝えにより、丁字路の突き当りに有る家では、鬼の突進を防ぐ為に置く「突き当り鍾馗」や、向かいの家の鍾馗さんにはじかれた邪気が浸入するのを防ぐ「お向かい鍾馗」などと言うものが有るそうです。

先日、いつものように栃木の街の中を歩いていた時、そんな鍾馗様が必要となりそうな立派な鬼面の鬼瓦を発見しました。
鬼面鬼瓦1.jpg
(倭町の横道で発見した、厳めしい鬼面の鬼瓦)
この鬼面の鬼瓦は表通りに面していない上、家と家との間に一瞬姿を現す位置に有る為、街をただ歩いていると気が付かない鬼瓦です。建物もだいぶ傷んでいますので出来れば補修して保存できればと、思います。

栃木の街は「蔵の街」と言いますから、まだまだ私の知らないお宝の鬼瓦が眠っているのかも知れません。新しい発見を期待して、又街歩きをしていきたいと思います。

マンホールカードの収集、コツコツと。 [コレクション]

街を歩いていると、道路の上に現れるマンホールの蓋。その蓋表面に加工されているデザインは、それぞれの市町村でその自治体の特徴を表現したものが製作され、道路上を飾っています。
デザインの内容は、その自治体が制定する「木」や「花」や「動物」だったり、「祭りの様子」「山や川の風景」だったりまちまちですが、道路上に設置する関係で、マンホール蓋の上を「人」や「自動車」等が通行する為に、機能的には≪スリップしにくいような≫ギザギザ・デコボコの表面を有するようなデザインとなるよう工夫がされています。(最近はツルツルしていて、これは車道には設置されないだろうと思われるデザインや、観光目的を狙ったマンホール蓋も出来ている様ですが。)
私もかなり前からそんなデザインマンホール蓋の写真を撮り歩いて来ていて、昨年栃木県内の全ての蓋を写真に収めました。
現在は少し範囲を広げて隣県まで足を運んでいます。
又、最近は昨年4月から順次発行が開始された「マンホールカード」の収集も始めています。
<マンホールカードはこうなっています>
マンホールカード川越市.jpg
(表にマンホール蓋のデザインと設置場所の経緯など、裏にデザインの由来など)

マンホールカードのコレクションに関して。
①マンホールカードは無料で入手する事が出来る。
②入手できる枚数は、一人一枚。
③入手出来る場所は、それぞれのカードで1ヵ所指定されています。
④電話予約や郵送等は対応しない。
⑤欲しい人は指定された配布場所に足を運び、窓口で申し出て、カードを受け取る。
と言うもので、私も県内や隣県の指定配布場所に行って、入手しています。
これまで8枚のカードを入手していますが、どの窓口に行っても、受付の人達の対応はとても親切でした。マンホールカードの他に其の町の観光パンフレットや、マンホールの設置場所の案内地図なども渡してくれます。配布場所が市町村の観光案内所(足利市・館林市など)の場合は、土日や休日でも開いていますが、多くの指定が市役所内の下水道課窓口となっていますので、平日の9時から17時の間だけと言うものが多くなっています。
インターネットにてマンホールカードの配布情報が見られますので、配布場所や配布日時を良く確認して行く必要が有ります。私も水戸市のカードを入手した時には、場所を勘違いしてしまいました。その時は間違ったついでにその周辺の街歩きを楽しみましたが。
これからも、カードの収集と街歩きを楽しんで、コツコツとコレクションを増やしたいと思っています。
<今年に成って収集したマンホールカード>
館林市.jpg行田市.jpg
水戸市.jpg熊谷市.jpg
関東地方一都六県で現在27枚のマンホールカードが発行されています。コツコツと集めて行きたいです。



栃木市嘉右衛門町、鬼瓦見て歩き [歩く]

最近は、栃木市内を歩いている時、古そうな土蔵や石蔵に遭遇すると、どうしても屋根の上に目が行きます。その先に有るものは「鬼瓦」ですが、興味が有るのはその鬼瓦に記された「文字」や「形」です。
「鬼瓦」にはその名前の通りに「鬼面」を配している物が有りますが、実際「鬼面」を使っている物はそれほど多くは有りません。
鬼面瓦1.jpg鬼面瓦2.jpg
(旭町、定願寺鐘楼の屋根の鬼瓦)      (嘉右衛門町に有る古い土蔵の鬼瓦)
多くは「家紋」や「屋号紋」を付けた鬼瓦に成ります。但し最近の瓦屋根の「鬼瓦」は無地の物が殆んどです。
屋号紋3.jpg屋号紋4.jpg
(新しい鬼瓦、中央部分は無地)    (古い鬼瓦、何かの都合で中央部を塗り潰したものか)
ですから、「屋号紋」が付いている鬼瓦を見付けると嬉しくなります。
「屋号紋」は現在あまり見なくなりましたが、明治40年10月1日に発行された、「栃木県営業便覧」を見てみると、栃木町に名前を連ねている多くの商店が「屋号紋」を載せています。
その数を確認してみると、なんと265店舗も有りました。
「屋号紋」には幾つかのグループが有りますが、栃木町で一番多く見られたのは「尒」の様に頭に「山形」を載せた紋で、「山に小」の屋号紋は6店舗見られました。同じく「山にト」が6店舗、「山に木」5店舗、「山に大」4店舗などと成っています。この「ヤマガタ」には、≪商売が山の様に隆盛してほしい≫と言う思いが込められている様です。
嘉右衛門町にある江戸、天明年間創業の老舗「油伝味噌」店の鬼瓦に付けられた商標は≪山に十一≫です、読み方は「やまといち」と読むと同店の案内書に記されています。即ち「大和一」という事に成ります。
屋号紋1.jpg屋号紋5.jpg
(油伝味噌店の店頭)   (建物北側路地脇に造られた古い鬼瓦等を利用したモニュメント)
この「山」を使った紋で有名なものは、以前聞いた話ですが明治8年(1875)8月創業、古河機械金属株式会社の社章と成っている「山に一」の紋です。この紋の読み方は「やまひとすじ」という事で創業者古河市兵衛氏の「山一筋」の思いが込められていると言います。

二番目に多いのが「┓」矩尺(カネジャク)紋で、64店舗を確認しました。その中で「小」に矩尺を付けたものが6店舗有りました。他に「正」や「中」の文字に矩尺を配したものが3店舗づつなどです。矩尺の意味は、直線・直角の形から、≪商売が真直ぐ、真っ正直≫という事と、矩尺(カネジャク)のカネを「金」に掛けているとも言われます。
三番目が「〇」(マル)を使ったもの、萬の文字を丸で囲った「丸萬」などが直ぐ頭に浮かんできますが、39店舗有りました。
他に「入り山形」の紋が18店舗、「出山形」の紋が7店舗、丸では無く四角で囲んだ紋が6店舗。住友生命や住友林業などの住友グループで使われている井桁の紋を配したものが10店舗数えました。
その他にもキッコウマンで知られる六角形の亀甲紋とか、ヒゲタ醤油のひげ紋などが有りますが、これらは栃木町では認められませんでした。

それでは、今回は嘉右衛門町を歩いて見つけた屋号紋などの入った鬼瓦を紹介します。
屋号紋6.jpg屋号紋7.jpg
(丸に正の文字が入っている)           (丸に近の文字が入っている)
屋号紋8.jpg屋号紋9.jpg
(何と読むのか?神明神社社務所)       (丸に中の文字が入っている)
屋号紋10.jpg屋号紋11.jpg
(矩尺に太の文字)               (山形に縦の太線2本、介と呼んでいいのか?)
何処に有るのかは、皆さんも歩いて見つけてみて下さい。