So-net無料ブログ作成
検索選択

栃木市の南関門道路のこと [栃木市の橋梁]

栃木駅前から北に進み、現在のデニーズの有る交差点に至る道路は、通称「南関門道路」と呼ばれ、昭和3年に開通した道路です。
2015年関門橋から北方向.jpg
(2015年撮影、手前の橋が「関門橋」、中央奥にNTTビルと通信アンテナ塔)
1964年8月南関門通りより.jpg1980年頃南関門通りより.jpg
(1964年撮影、「関門橋」より北側、消防署の火の見櫓)(1980年頃撮影、消防署移転後)
この南関門道路が出来るまでは、市街地の中央を縦断する大通りから直接、南の栃木駅を結ぶルートは有りませんでした。明治21年(1888)5月22日両毛線の小山・足利間が開通し、栃木駅が出来る以前、江戸時代を通して南側から栃木の市街地に入るルートは、栃木の市街地を西側から南側を囲むように流れる、巴波川に架かる「開明橋」を渡る、日光例幣使街道しか有りませんでした。
栃木駅が出来てから、駅前から伸びる道路は、大正4年(1915)測量・大正6年(1917)7月20日発行の、2万5千分1の地形図「栃木」を見ても、①東方向へ両毛線の線路の北側に沿って進み、例幣使街道の「開明橋」から南に伸びる、「古河街道」に突き当たり、左に折れて先ほどの例幣使街道に合わさって、「開明橋」から市街地に入るルート。②駅前から真直ぐ北に進み、例幣使街道を横切って巴波川に架かる「相生橋」を渡る、現在の「ミツワ通り」。そして③として、その西側から北北西方向に進み、これも例幣使街道を越えて、錦着山方向に向かう現在の「女子高通り」の3本しか有りませんでした。

この「南関門道路」が初めて栃木の地形図に現れたのは、昭和7年(1932)12月28日発行の地形図に成ります。この地形図は昭和4年に修正測量の結果が反映されていますから、昭和4年以前に開通していた事が分かります。それでも私はこれまでハッキリした事が分かっていませんでしたが、昨年暮れの栃木市主催の文化講座「大正から昭和にかけての栃木」の講話の中で「昭和3年に開通した」と教えて頂きました。
私の手元に栃木市観光協会が昭和26年9月1日に発行した「栃木市鳥瞰図」が有ります。この図には更に多くの道路が新たに加わっていますが、「南関門道路」周辺を抜粋して説明します。
南関門道路鳥瞰図.jpg
(栃木市鳥瞰図より栃木駅前、南関門道路付近を抜粋しています)
赤マジックインキにてハンチング表示した道路が「南関門道路」、道路上を赤マジックインキにて破線表示したルートが「例幣使街道」に成ります。
例幣使街道が栃木宿に入る前に、西から東に一度迂回するようにして、栃木宿に入って来ていますが、なぜこのようなルートを採ったのか、私にとっては一つの謎です。
それではなぜこの時期に南関門道路は造られたのでしょうか。当時の様子を少し振り返って見ますと、少し遅れる事昭和9年(1934)に太平山遊覧道路が開通しています。又、昭和11年(1936)には万町交番前交差点から北側の「北関門道路」も開通しております。御存じの通りこれらの道路は、昭和4年(1929)より顕著になった世界大恐慌の影響で日本経済は株の暴落や多くの会社倒産により、街の中は失業者で溢れていた時期で、その失業対策の一環として行われたものと言われます。
しかし、南関門道路はその計画の時期はそれよりも少し早く進められています。そこには関連する事では、昭和4年(1929)4月1日に、東武鉄道日光線(杉戸-新鹿沼間)が開通をしています。そして、それに先立って栃木駅の駅舎が昭和3年(1928)に建て替えられています。又、昭和2年(1927)には関東自動車㈱が栃木町に創設されています。(※昭和5年に本社を宇都宮に移転)という事で、栃木駅が交通の中心として大きく変わって行った時期だった事で、栃木駅と栃木市街地とを直結する道路が望まれた時だったのではと考えられます。
新しく開通した「南関門道路」について、日向野徳久先生監修の「ふるさとの思い出写真集・栃木」の中で、昭和12年4月1日の栃木市制施行当日に撮影された「南関門道路」の写真説明に、≪この頃の南関門道路はもてあますほどの広さに感じられていた≫と述べています。
又、栃木市発行の「目で見る栃木市史」のページをめくると、「霧の朝」と題し、≪南関門橋上より栃木駅方面を望む≫と説明が付けられた昭和7年頃撮影された、背景が霧で霞む「関門橋」の親柱の写真が掲載されていました。
関門橋の高欄は最近新しくなりましたが、親柱は以前のまま綺麗に化粧直しされ、橋の銘板も新しく取り付けられました。親柱の上に取り付けられた街灯も最初のデザインの方が重みが有ったと思われます。
関門橋旧親柱.jpg関門橋新親柱.jpg
(1980年撮影、旧関門橋高欄と親柱)   (1999年撮影、新関門橋高欄と親柱)
「南関門道路」の「関門橋」の南側に、巴波川から分水した「沼和田用水」に架かる「片柳橋」の高欄や親柱も新しくなりました。同時に橋の銘板も入り、橋名も分かる様になりました。
片柳橋旧親柱.jpg片柳橋新親柱.jpg
(1980年撮影、旧片柳橋の親柱)     (2013年撮影、新片柳橋の親柱)
昭和34年(1959)11月に、駅前南関門道路の商工会館前に、栃木市のネオンアーチが設置されました。そのアーチも商工会館も今はもう過去のものと、なってしまいました。
1964年栃木商工会議所前.jpg
(1964年撮影、南関門道路に設置された栃木市のネオンアーチ、手前は旧商工会館)
2013年元栃木商工会議所前付近.jpg
(2013年撮影、元商工会館が有った丁字路は東側に道路が抜けました)
南関門道路から見た風景も時代と共に移り変わり、街の姿も大きく変わってきました。
1980年関門橋から南方向.jpg1980年関門橋から北方向.jpg
(1980年撮影、関門橋から南側を写す)    (1980年撮影、関門橋から北側を写す)
現在、栃木駅前から南関門道路周辺は多くの予備校・進学塾に変わり、夜に成るとそれらのビルから漏れる照明の明かりと看板の照明だけが目立っています。
2015年8月夜の南関門道路.jpg
(2015年8月撮影、夜の南関門道路)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: