So-net無料ブログ作成
検索選択

栃木のお伊勢さん、神明宮へ初詣に行ってきました [栃木市の神社]

2017年の元旦は、青空が広がり風も無く、陽射しも暖かく穏やかな一日と成りました。
今年も初詣は家族揃って、旭町の神明宮まで歩いて出かけました。
我家から神明宮までは、ゆっくり歩いても30分ほど、御節で満腹と成った身には、手ごろな運動に成ります。
神明宮の参道はすでに初詣に来られた大勢の人で、行列を成していました。列の後に並んで順番を待ちます。拝殿の前まで進むのに30分ほど、それでも例年の事で、皆さん静かに前の人に続いています。
神明宮初詣1.jpg
(神明宮参道、初詣の列が出来る)

「お神明さん」、地元では神明宮を親しみを込めてこう呼んでいます。そして「お神明さん」は私の子供の頃からの遊び場のひとつでした。
幼い頃は両親と共に行きました。その頃は参道を入った左側に、電動仕掛けで動く象の乗物や、前後にスイングする馬、上下するキリンを模した乗物には、良く乗った。チェーン駆動にて楕円を描いて動く豆自動車はコーナーを回る時、速度が増し遠心力が発生する為、小さい頃はとても怖かった記憶が有ります。社殿南側の現在鳥小屋の付近に設置された、街頭テレビを見に行った事も覚えています。
神明宮遊園地1.jpg
(写真は太平山上の第一公園移設後のものを、1973年7月撮影したものです)
小学校の高学年に成ると社殿裏手、東側の池の脇に有った駄菓子屋さんや稲荷神社(現在は参道入口北側脇に移されています)の周りで遊んだり、社殿南側の瓢箪池の周りや築山の木に登ったりして遊びました。
神明宮東裏1.jpg
(社殿裏手に有った稲荷神社、1979年4月に撮影)
今はもう有りませんが瓢箪池に架かる「要橋」の橋のたもとにもお店が有りました。
現在、大きく育ったクスノキの有る児童遊園は、私の子供の頃は、夏には広場の中央に櫓が組まれ、盆踊りが行われたり、サーカスの大テントが張られたりと、催し広場として利用されていた気がします。
第二公園1.jpg
(児童遊園にて遊具に乗って遊ぶ子供達、1979年4月撮影)
長い時間の流れの中で「お神明さん」も色々と変化を続けていますが、社殿は今も昔のままの姿を今も留めています。

今日一日の歩数は9,712歩、歩いてると少し汗ばむ陽気でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: